瀬谷区版 掲載号:2018年1月25日号
  • LINE
  • hatena

観客も「どすこい」 相撲甚句公演に100人超

文化

 大相撲の地方巡業などで歌われる伝統芸能「相撲甚句」のコンサートが今月20日に瀬谷センター大広間であり、100人以上が詰めかけ立ち見客が出るほどの盛況ぶりを見せた=写真。

 江戸時代の発祥とされる相撲甚句は、力士の土俵歴や地方の観光名所などを盛り込んだ、七五調の囃子歌。この日は横浜相撲甚句会(那須健二会長)の会員が、瀬谷の歴史や名所を歌詞にした甚句や、元横綱・千代の富士を称えるものを披露。中盤には、観客も一緒になって「ご祝儀一本締め」を歌い、相撲甚句独特の合いの手「あ〜、どすこい、どすこい」が会場に響いた。

 これまでにも相撲甚句を聴いたことがあるという女性は「歌い手の声の張りが素晴らしく、感動しました」と話していた。

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク