瀬谷区版 掲載号:2018年1月25日号
  • LINE
  • hatena

瀬谷銀座通り商店会 60年の「あゆみ」1冊に 直筆イラストで変遷辿る

経済

手描きのイラストが載ったページを開く伊藤会長
手描きのイラストが載ったページを開く伊藤会長

 今年7月に発足60周年を迎える瀬谷銀座通り商店会(伊藤吉治会長)が1月18日、新年会を行い、記念誌「あゆみ 振り向けば60年」を初披露した。伊藤会長自らイラストを描くなど冊子作りに奔走し、500冊が完成した。

 瀬谷銀座通りは瀬谷駅南口付近から厚木街道まで伸びる商店街。現在、同会には飲食店や理容店など70店舗が加盟している。

 記念誌作成は同会として初の試み。伊藤会長の発案で、「イベントよりも後世に残る物を作ろう」と、作成が決まった。2016年12月頃から取り掛かったが、詳細な資料はほとんど残っておらず、「情報集めが一番大変だった」と伊藤会長。当時のことを覚えている人を探し出し、10人以上にインタビューを行って話をまとめた。

 工夫した点は、「おじいちゃんが孫に昔話を語って聞かせる、会話形式のイラストで商店街の歴史を説明したこと」。館長を務める柔道場「善道館」のポスターなどを日頃から描く伊藤会長自ら筆を取り、ほのぼのとしたタッチのイラストで、通りが砂利道だった頃や瀬谷センター開館時の大売出しの様子を振り返った。また、会話の横には、当時のニュースや流行歌などの情報を併記。時代背景が一目で分かるよう工夫したという。鮮明な写真が見つからず情報に乏しい場合はイラストで補完し、商店街を含めた瀬谷の雰囲気が伝わる一冊となった。

 新年会で伊藤会長は、「一人では出来ないと改めて実感した。大変だったが、完成品を見た時その苦労も吹き飛んだ」と笑顔であいさつ。瀬谷駅南口の再開発に触れながら、「町が変わっていく中、商店街も前を向いて進んでいきたい。明るく、安全安心の商店街を目指す」と力強く語った。

 記念誌は同会所属の病院や美容院の待合室、「善道館」横の会長事務所でも閲覧できるとしている。

瀬谷区版のトップニュース最新6件

「発展に向け、躍動する年に」

今年は過去最多42会場

瀬谷オープンガーデン

今年は過去最多42会場

4月18日号

県議選は田村氏再選

統一地方選挙瀬谷区

県議選は田村氏再選

4月11日号

「心臓リハビリ」普及に着手

11月30日開業へ

相鉄・JR直通線

11月30日開業へ

4月4日号

二ツ橋町に移転

瀬谷区休日急患診療所

二ツ橋町に移転

4月4日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク