瀬谷区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

神奈川県優良衛生技能者表彰に選ばれた「家庭料理の店ベル」の店主 塚本 芳弘さん 宮沢在住 41歳

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena

心を込め「安心」届ける

 ○…公衆衛生の向上に長年にわたり貢献した人を称える県優良衛生技能者表彰。区内から唯一人、調理師として今年度の受賞者に選ばれた。「嬉しい気持ちはあるけれど、あまり実感がなくて」と照れ笑い。先代で6年前に亡くなった父・宏實(ひろみ)さんの跡を継ぎ、今は母・良子さんと二人三脚で店を切り盛りしており、食中毒などを起こさぬよう父が続けてきたことを実直に守ってきた。「コツコツ続けてきたことが評価されたのかもしれませんね」と目を細める。

 ○…三ツ境駅南口の近くにある「家庭料理の店ベル」。開店した約40年前から変わらぬモットーが「一品一品、心を込め手作りすること」。メニューは1日1種類という形態を続けているが、これはスタッフが自身と母というなかで、「手作り」にこだわるからだという。仕込みに時間を費やして、手間と時間をかけて出来上がる料理に、数十年来という常連客も多い。「小さい頃は、お店が家みたいなものでした。2、3歳の私を覚えている人が今もお店に来てくれます」

 ○…厚木市で生まれて間もなく瀬谷区へ。高校卒業後、大阪の調理師専門学校で学んだ。地元に戻ってきてからは、両親を手伝いながら日本料亭や老人ホームで料理人として働き、また警備会社に勤めていた時期もあったそう。大きな転機は、父の病気だった。「店は自分の一代限り」と話していた父だったが、存続を望むファンの声、仕出料理で古く付き合いのある顧客、そして母のため、「店を閉めるわけにはいかない」と決意した。

 ○…「食べた瞬間に、自然と口元が緩むような料理を提供したい」――。表情にこそ客の心情が如実に出るとして、そのサインを見逃さないよう心掛けている。また、味だけでなく、衛生面の維持・向上も大きな目標だ。「これからもお客様に『安心』を届けていきたいです」と、受賞を受けて更に気を引き締めている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

関 洋二さん

開業30周年を迎えた横浜アリーナの代表取締役社長を務める

関 洋二さん

新横浜在勤 56歳

6月20日号

志水 隆一さん

瀬谷区PTA連絡協議会の会長に就任した

志水 隆一さん

区内在住 42歳

6月13日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月23日号

鈴木 好幸さん

皇室や多くの文化人らに愛される洋食器メーカー(株)大倉陶園の代表取締役を務める

鈴木 好幸さん

南区在住 60歳

5月16日号

西川 浩二さん

4月1日付で瀬谷消防署の署長に就任した

西川 浩二さん

磯子区在住 55歳

4月18日号

田島 充(みつる)さん

3月13日付で瀬谷警察署の署長に着任した

田島 充(みつる)さん

三ツ境在住 56歳

4月4日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

3月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 6月13日0:00更新

  • 5月23日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月27日号

お問い合わせ

外部リンク