瀬谷区版 掲載号:2018年2月1日号
  • googleplus
  • LINE

インフルエンザ 市内で流行警報 瀬谷区 発令基準の3倍超

社会

 横浜市衛生研究所などがこのほど、インフルエンザの流行警報を発令した。2018年第3週(1月15日〜21日)の定点医療機関あたりの患者報告数が発令基準値(30・00)を超えたためで、予防の徹底、咳が出る時のマスク着用、早期受診などを呼びかけている。

 市全体の同週の定点あたり報告数は、前週から30以上増えて56・09。瀬谷区は90・29と、全区で最も高い数値になった。学級閉鎖などの報告も急増しており、市全体で141件、患者数2330人だった。流行警報は、解除基準値(10・00)を下回るまで継続される。

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

連携高め、テロに備え

”文化部のIH(インターハイ)”に出展

サンデースが連覇

瀬谷区民野球大会

サンデースが連覇

8月2日号

マジックで驚きと笑いを

二谷龍夫さん(三ツ境)

マジックで驚きと笑いを

8月2日号

隼人卓球部と試合しよう

科学をもっと身近に

残暑お見舞い申し上げます

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク