瀬谷区版 掲載号:2018年2月8日号
  • googleplus
  • LINE

要援護者の避難所生活とは

教育

 乳幼児や障がい者、外国人など「災害時要援護者」の避難所生活について理解を深めるワークショップが2月15日(木)、瀬谷消防署で開催される。午前10時45分〜午後3時30分(退場自由)。

 主催は区内事業所の自衛消防組織で組織されるSeya防災ネットワークの分科会「ピンチをチャンスに!減災共助の会」。同会は飯吉明子さん=人物風土記に関連記事=を含む4人の世話人などを中心に活動している。

 ワークショップの主な対象は、日本語をある程度理解できる外国人、乳幼児や障がい児の家族、障がい者、高齢者など。要援護者支援に関心のある人も参加できる。当日は仮設トイレやトイレパック体験、スープ作りに挑戦する。定員は30組(70人ほど)。申し込み同署予防課【電話】・【FAX】045・362・0119。

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク