瀬谷区版 掲載号:2018年2月22日号 エリアトップへ

ケアプラザ介護事業所・区民 3者連携でコミュカフェ 「集いの場」へ プレオープン

社会

掲載号:2018年2月22日号

  • LINE
  • hatena
来場を呼びかける村上さん(左)と山上明子さん
来場を呼びかける村上さん(左)と山上明子さん

 大人や子ども、認知症の人や障がい者など誰もが気軽に集える場所を創ろうと、地域ケアプラザ・介護事業所・区民ボランティアが一体となり、「ほっこりカフェ」を3月7日(水)に瀬谷町の高齢者施設を会場にプレオープンさせる。コーヒーを提供しながら福祉相談も受け付け、地域交流の拠点をつくる。

 同カフェの主催は横浜市二ツ橋第二地域ケアプラザ(【電話】045・360・7855)と小規模多機能型居宅介護事業所・咲くや愛成(相沢)、そして両施設の呼びかけに応じて昨年のコミュニティカフェ開設講座に参加した区民もスタッフに名を連ねる。カフェは7日午後1時30分から3時30分まで、特別養護老人ホーム・愛成苑(瀬谷町4131の16)で開催(参加費はクッキー付き1人200円)。コーヒー豆を輸入・販売する専門業者に師事したという、オリジナルブレンドのコーヒーを振る舞う。また、主任ケアマネジャー・保健師・社会福祉士が、認知症や介護などに関する相談に応じる予定。

認知症の啓発も

 プレオープンに向け、1年がかりで準備してきた同プラザと愛成。住民やケアマネジャーの「認知症患者やその家族が気軽に集まれる場所が欲しい」という要望が活動の始まりだった。類似施設を視察するなかで、対象を認知症だけに絞るのではなく、福祉相談の受け皿を維持しつつ、広く一般の来場を募る「コミュニティカフェ」として立ち上げることになった。「全世代の人が触れ合うことで、認知症の人を地域で見守る環境づくりにつながれば」と同プラザの村上博さんは期待する。

 7日はプレオープンという位置づけで、2018年度以降の正式開催に向けた試金石。将来的には区民ボランティア中心の運営を目指していく意向だという。村上さんは「美味しいオリジナルブレンドのコーヒーを用意してお待ちしています。ケアプラザは遠くて行けないという方も、ぜひお越し下さい」と呼びかける。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

「土地利用に区民の声を」

上瀬谷通信施設返還対策協議会

「土地利用に区民の声を」 社会

横浜市に要望書

12月5日号

15年ぶりVへ、王手

横浜F・マリノス

15年ぶりVへ、王手 スポーツ

7日、日スタで最終節

12月5日号

厚労大臣表彰を受賞

三ツ境諸橋政治さん

厚労大臣表彰を受賞 社会

共同募金運動に長年尽力

11月28日号

防災3団体が50周年

防災3団体が50周年 社会

合同式典で祝う

11月28日号

児童が10周年をお祝い

瀬谷さくら小学校

児童が10周年をお祝い 教育

映像などで母校愛深める

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク