瀬谷区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

瀬谷リトルシニア 7年ぶり全国で「攻める」 25日から大阪で開幕

スポーツ

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
士気高く、全国の大舞台に挑戦する選手たち
士気高く、全国の大舞台に挑戦する選手たち

 瀬谷区を拠点とする少年・少女硬式野球チーム「瀬谷リトルシニア野球協会」(川口正寿会長)の中学生チームが、3月25日から大阪で開かれる「第24回 日本リトルシニア全国選抜野球大会」に関東代表として出場する。7年ぶりとなる同大会に、前田颯汰主将(2年)は「攻めるプレーで勝ち上がりたい」と意気込む。

 全国大会は日本リトルシニア中学硬式野球協会の主催。全国各地の予選を勝ち抜いた48チームが26日から31日までトーナメントで優勝を争う。瀬谷リトルシニアは、昨年の南関東予選で敗者復活戦から上位14位に入って関東へ。秋に開かれた関東大会ではベスト16になり全国切符を手にした。

堅守からリズム

 瀬谷リトルシニアは、創立42年の歴史を有するチーム。旧上瀬谷通信施設内のグラウンドを拠点にしており、現在は未就学児童から中学校3年生まで約100人が、年齢ごとに4リーグに分かれて練習。中学生は、3年生を含めて55人が所属している。

 2年生を中心とした新チームに移行して以降、全国制覇を目標に練習に励んできたという。堅守からリズムを作り、攻撃につなげる戦いを得意とする。守備の中心はエース・辻永虎王(こお)選手(2年)で、力あるストレートを武器にチームを引っ張る。打線の軸は、フィジカルに優れているという4番・柳澤大空選手(同)。「人一倍努力していて、何より信頼できるバッターです」と前田主将は太鼓判を押す。星雄一郎監督はチームについて「一生懸命で、劣勢になっても諦めない」と教え子を評する。

 全国大会初戦の対戦相手は、関西地区代表の京都丹後。前田主将は攻守両面で「攻めるプレーを心掛けます」と語り、守備では打球を前に出て捕り、攻撃では打席の初球から狙っていくという。主将としては「皆がプレーに集中できるよう引っ張っていきたい」と抱負を語る。星監督は「全国は、選手たちにとって貴重な経験になる。個人・チームとして成長できる大会にして欲しい」と期待する。

瀬谷区版のトップニュース最新6

地域SNSで魅力発信

瀬谷区

地域SNSで魅力発信 社会

相鉄沿線4区で連携

3月4日号

「総合支援拠点」10区に設置

横浜市児童虐待対策

「総合支援拠点」10区に設置 社会

相談対応など強化へ

3月4日号

前年同水準の9453万円

瀬谷区21年度自主企画事業

前年同水準の9453万円 社会

定住促進など盛り込む

2月25日号

現職2氏の一騎打ちか

衆院選5区

現職2氏の一騎打ちか 政治

今秋までに解散総選挙へ

2月25日号

旧上瀬谷通信施設の整備に29億

【Web限定記事】横浜市 21年度予算案

旧上瀬谷通信施設の整備に29億 社会

土地区画整理や新交通の検討進める

2月18日号

1051枚の写真で彩るモザイクアート

【Web限定記事】瀬谷フェスティバル実行委員会

1051枚の写真で彩るモザイクアート コミュニティ社会

3月12日まで区民ホールで公開

2月18日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク