瀬谷区版 掲載号:2018年3月22日号 エリアトップへ

相澤豊幸さん(阿久和南) 籐細工が「光明」、喜びに 全盲で創作 友人と作品展

文化

掲載号:2018年3月22日号

  • LINE
  • hatena
作品を手に笑顔の相澤さん(中央)と妻・加代子さん(右)、吉澤さん
作品を手に笑顔の相澤さん(中央)と妻・加代子さん(右)、吉澤さん

 病気によって4年前に全盲になった相澤豊幸さん(阿久和南/69)が、友人や親戚ら4人と協力した合同の手作り作品展を、泉区新橋町の民家で、3月24日(土)から31日(土)まで開く。出品するのは、5カ月ほど前から作るようになった籐細工。「目が見えなくても楽しみながら創作している。やる気があれば何でもできるということが伝われば」と意気込んでいる。

指の感覚を頼りに編む

 相澤さんは病気で13年ほど前に右目を失明、左目も4年前に見えなくなった。営んでいた造園業を引退し、妻・加代子さんの農作業を手伝うなどして生活していた。

 創作を勧めたのは、数年前から籐細工を習う友人・吉澤悦子さん(阿久和南)。「草むしりをする手の動きがとても細やかで器用。できるかも」と声をかけた。相澤さんも「座ってテレビを聴いているだけでは退屈。何かしてみたい」と考えていた時期だったという。周囲に迷惑をかけるかもしれないとためらう気持ちもあったが、昨年11月、吉澤さんが通う教室に足を運ぶと、すぐにのめり込んだ。

 作品は籐を編み込むように造形していく。相澤さんは指の感覚を頼りに作業をこなし、見た目の美しさに影響する編み込み幅も均等に揃える。”創意工夫”も得意で、難易度が高い底編みの一種「米字組(こめじぐみ)」を独力で仕上げるため、市販の木材や留め具でオリジナルの道具を生み出した。「最初は妻に手伝ってもらっていたけど、自分で出来ないのが悔しくてね。頭で描いた設計図をもとに、妻に指示を出して作ったよ」と笑顔で話す。

 日中は作業に没頭し、加代子さんから休憩するよう促されることもしばしば。今は、2日ほどで1つの作品を完成させている。将来の目標は、籐の椅子を作ることだ。

泉区の民家で開催

 合同作品展に参加するのは相澤さんと吉澤さん、写真を手掛ける稲垣チヨ子さん、つるし雛など手芸が得意な西原早苗さん、城やロボットなどの模型を作る相澤正さん。いずれも阿久和南・西、新橋町に暮らす60〜70代の「茶飲み仲間」だ。これまでに展示会を主催するような経験は無かったという5人だが、昨年11月に初開催を決めた。

 会場は、瀬谷柏尾線沿いにある正さん宅(新橋町1900の8)。書道を習う友人に協力してもらい、「手づくり作品展」という看板も作った。相澤さんは、籐の小物入れなど約10点を出品する予定。吉澤さんは「どれも力作。特に、豊幸さんの作品は習い始めて数カ月と思えないほど素晴らしい。多くの人に見て欲しいです」と期待を寄せる。

 開催時間は午前10時〜午後4時(最終日は正午終了)。会場は、神奈川中央交通で三ツ境駅から戸塚駅東口行き大中村バス停下車、徒歩2分ほど。同線沿いの精米所が目印。問い合わせは吉澤さん【携帯電話】090・2246・9184。

創作活動のために自作したという道具
創作活動のために自作したという道具

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

原小で学習支援開始

阿久和南部地区社協

原小で学習支援開始 教育

子どもの意欲を育む

6月24日号

食品ロス削減へ地産地消

瀬谷第二小学校

食品ロス削減へ地産地消 社会

小松菜栽培に挑戦

6月24日号

自然生かした3エリアへ

旧上瀬谷通信施設の公園

自然生かした3エリアへ 社会

基本計画の原案まとまる

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

6月17日号

瀬谷区、普及へ独自補助

感震ブレーカー

瀬谷区、普及へ独自補助 社会

地震時の電気火災防止へ

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter