瀬谷区版 掲載号:2018年3月29日号 エリアトップへ

瀬谷の魅力、走りで感じて 区内初のランイベント

スポーツ

掲載号:2018年3月29日号

  • LINE
  • hatena
ラストスパートを見せる参加者(写真上)。瀬谷の小麦ビールで乾杯(同下)
ラストスパートを見せる参加者(写真上)。瀬谷の小麦ビールで乾杯(同下)

 スタート地点や走行距離をランナーが自由に決めるというユニークなイベント「Runtrip (ラントリップ)via(ビア) SEYA」が3月24日、旧上瀬谷通信施設の海軍広場をゴールとして開かれた。区内外から約50人のエントリーがあり、参加者らは施設周辺の豊かな自然や、瀬谷産の野菜を盛り込んだ料理を楽しんだ。

 この催しは(株)ラントリップ(大森英一郎代表取締役/東京都)が手がける、携帯アプリ連動型の「ソーシャル系ランイベント」。参加者は決められたゴール地点と時間を目指して、アプリで場所を確認しながら、自分の走力に合わせた距離やコースを走る。ゴール後はパーティーを通じて交流を深めるようになっており、大森代表は「感動と達成感を共有できる」と話す。

 県内ではこれまでに横浜スタジアム周辺や三浦市で開かれ、瀬谷区は初。瀬谷の魅力を多くの人に「肌」と「舌」で感じてもらおうと、区民有志の団体「Yokohama green 360°」が、同社に企画協力を打診。瀬谷区体育協会の協賛も得て、同団体と瀬谷区役所が主催した。

 この日は、ゴール時間の正午が近づくと、続々とランナーが広場に到着。板橋区から約40Kmを走破した人もおり、参加者は互いの走りを讃えあった。パーティーでは、岩崎農園(竹村町)の小麦を使った「瀬谷の小麦ビール」や、地場産野菜のスープが振る舞われた。

 二俣川駅から約8・5Kmを走ってきたという男性は「瀬谷区の施設などに寄り道してきました。ゆっくり走ることで街の良い所を見つけられますね」と充実した表情で振り返った。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

花や寺社巡る

せや・ガイドの会

花や寺社巡る 文化

14日に散策行事

5月12日号

14日と15日に瀬谷区文化祭

14日と15日に瀬谷区文化祭 文化

例年より前倒しに

5月12日号

端材でマイ箸作り

端材でマイ箸作り 社会

まんまが5月と6月に

5月12日号

園芸博協会に寄付金

キリンビバレッジ

園芸博協会に寄付金 社会

特別ラベルの生茶販売し

5月12日号

陸上大会の参加者募集

陸上大会の参加者募集 スポーツ

7月に三ツ沢で

5月12日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

5月22日 クアーズテック秦野CH

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook