瀬谷区版 掲載号:2018年3月29日号 エリアトップへ

外国人に「災害予防」を啓発 区が4カ国語版冊子

社会

掲載号:2018年3月29日号

  • LINE
  • hatena
冊子作成を担当した区役所総務課の(左から)東明徳さん、菅家さん、瀬谷消防署の齋藤正二さん
冊子作成を担当した区役所総務課の(左から)東明徳さん、菅家さん、瀬谷消防署の齋藤正二さん

 瀬谷区はこのほど、外国籍の区民に向けた防災冊子「日本での災害予防」を作成した。防災知識を身に付け、災害への備えを意識してもらう狙い。日本語に加え、中国語、ベトナム語、カンボジア語、英語の4カ国語を併記している。

 瀬谷区に住む外国籍区民は、2月末時点で1701人。冊子で記載した4カ国語は、区内最多494人が暮らす中国を始め、在住人数が多い国となっている。

 外国籍の人々は、高齢者や心身障がい者と同様、災害時に支援が必要となる「災害時要援護者(災害弱者)」となり得るとされる。しかし、そうした対象者に必要な情報が届いていないなど、啓発活動に課題があったため、区初の試みとして、独自で防災冊子の作成に至ったという。

日本語の翻訳に工夫

 冊子はA4版全14ページ。区別がつきやすいよう、各言語は色が分かれている。避難時に持ち出す物や備蓄品、区の避難所マップ、洪水や火災に対する備えについても記載されている。

 さらに、各言語に翻訳した際、日本語の意味をいかに表現するか配慮したという。例えば、「避難所」の項目では「にげるところ」と併記した上で、公園や小学校など、避難所としてイメージしやすい広い場所を記載し、工夫した。

 翻訳作業は(公財)横浜市国際交流協会に依頼。仕上がった原稿は、区内で活動する通訳・翻訳グループ「カムオン・シェシェ」など各団体がチェックした。分かりづらい表現の修正や、文字だけではなくイラストを追加するなど、利用者目線の意見を反映した。

 冊子の作成を担当した区役所総務課の菅家広之係長は、「作って終わりでは意味がないので、活用していきたい。日頃から外国籍区民とコミュニケーションを取る機会を増やすことが必要」と話した。今後は瀬谷消防署と連携し、外国人を対象とした救命講習会なども行う予定。また、作成に協力した「ピンチをチャンスに!減災共助の会」のメンバーは、「外国籍の方に自助・共助の意識を高めてもらいたい」と期待を込めた。

 冊子は3千部発行。区役所総務課や区内の各地区センターで配布されている。瀬谷区役所ホームページでもPDF版を入手出来る。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

3年無火災で局長表彰

細谷戸連合町内会

3年無火災で局長表彰 社会

区内地域で6年ぶり

7月18日号

集客施設の誘致想定

旧上瀬谷通信施設

集客施設の誘致想定 社会

市がゾーン案公表

7月18日号

和泉川に「くつろぎ橋」

和泉川に「くつろぎ橋」 社会

住民 渡り初めで完成祝う

7月11日号

市負担増で見直しへ

敬老パス

市負担増で見直しへ 社会

検討会設置し、方向性探る

7月11日号

多彩な祭典、30回の節目

瀬谷区音楽祭

多彩な祭典、30回の節目 文化

全員合唱・合奏で祝う

7月4日号

学校・病院、全面禁煙に

改正健康増進法

学校・病院、全面禁煙に 社会

市、1万4千施設調査へ

7月4日号

商店街No.1グルメ決める

商店街No.1グルメ決める 経済

区民投票のグランプリ

6月27日号

あっとほーむデスク

  • 7月18日0:00更新

  • 7月11日0:00更新

  • 7月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク