瀬谷区版 掲載号:2018年3月29日号 エリアトップへ

外国人に「災害予防」を啓発 区が4カ国語版冊子

社会

掲載号:2018年3月29日号

  • LINE
  • hatena
冊子作成を担当した区役所総務課の(左から)東明徳さん、菅家さん、瀬谷消防署の齋藤正二さん
冊子作成を担当した区役所総務課の(左から)東明徳さん、菅家さん、瀬谷消防署の齋藤正二さん

 瀬谷区はこのほど、外国籍の区民に向けた防災冊子「日本での災害予防」を作成した。防災知識を身に付け、災害への備えを意識してもらう狙い。日本語に加え、中国語、ベトナム語、カンボジア語、英語の4カ国語を併記している。

 瀬谷区に住む外国籍区民は、2月末時点で1701人。冊子で記載した4カ国語は、区内最多494人が暮らす中国を始め、在住人数が多い国となっている。

 外国籍の人々は、高齢者や心身障がい者と同様、災害時に支援が必要となる「災害時要援護者(災害弱者)」となり得るとされる。しかし、そうした対象者に必要な情報が届いていないなど、啓発活動に課題があったため、区初の試みとして、独自で防災冊子の作成に至ったという。

日本語の翻訳に工夫

 冊子はA4版全14ページ。区別がつきやすいよう、各言語は色が分かれている。避難時に持ち出す物や備蓄品、区の避難所マップ、洪水や火災に対する備えについても記載されている。

 さらに、各言語に翻訳した際、日本語の意味をいかに表現するか配慮したという。例えば、「避難所」の項目では「にげるところ」と併記した上で、公園や小学校など、避難所としてイメージしやすい広い場所を記載し、工夫した。

 翻訳作業は(公財)横浜市国際交流協会に依頼。仕上がった原稿は、区内で活動する通訳・翻訳グループ「カムオン・シェシェ」など各団体がチェックした。分かりづらい表現の修正や、文字だけではなくイラストを追加するなど、利用者目線の意見を反映した。

 冊子の作成を担当した区役所総務課の菅家広之係長は、「作って終わりでは意味がないので、活用していきたい。日頃から外国籍区民とコミュニケーションを取る機会を増やすことが必要」と話した。今後は瀬谷消防署と連携し、外国人を対象とした救命講習会なども行う予定。また、作成に協力した「ピンチをチャンスに!減災共助の会」のメンバーは、「外国籍の方に自助・共助の意識を高めてもらいたい」と期待を込めた。

 冊子は3千部発行。区役所総務課や区内の各地区センターで配布されている。瀬谷区役所ホームページでもPDF版を入手出来る。

瀬谷区版のトップニュース最新6

初の全国大会出場へ

横浜隼人中野球部

初の全国大会出場へ スポーツ

市春季大会で初優勝

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

河川功労者表彰を受賞

二ツ橋水辺愛護会

河川功労者表彰を受賞 社会

20年以上の活動を評価

5月12日号

防犯カメラ12台設置

瀬谷銀座通り商店会

防犯カメラ12台設置 社会

治安維持や交通安全に

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook