瀬谷区版 掲載号:2018年4月26日号
  • LINE
  • hatena

ガチチャーハン! 区内2店舗が参加 商店街活性化企画の第8弾

経済

さんらくの「ガチちゃーはん」
さんらくの「ガチちゃーはん」

 横浜市内の商店街ナンバーワンメニューを決める企画の第8弾「ガチチャーハン!」の参加店舗がこのほど出揃い、瀬谷区からはいちょう通り商店会の「中華食堂志藤」と「さんらく」がエントリー。6月1日から投票開始となる。

 市内商店街の活性化を図る目的で、(一社)横浜市商店街総連合会が毎年実施してきた「ガチ」シリーズ。今年はチャーハンをテーマに、全18区31商店街から40品が勢揃い。王道から、具材を工夫した変わり種まで、多種多様なチャーハンで各店腕を競う。

中華食堂 志藤

 いちょう通り商店会で14年営業する「中華食堂 志藤」は同シリーズ初参加。「角煮のせチャーハン」(税込950円)で勝負する。塩味でシンプルな味わいの卵チャーハンの上に、5時間煮た豚角煮を大胆に乗せたボリューム感ある一品だ。志藤猛店長は「見た目のインパクト重視で選びました」と話し、初挑戦について「参加するからには頑張りたい。商店街の活性化につながれば」と笑顔で意気込みを語った。

さんらく

 「さんらく」は創業46年。2013年の「ガチ丼」に続き2度目の今回は、同店人気の一品をアレンジした「ガチちゃーはん」(税込500円)を出品。具材は卵・なると・チャーシューの3種類で、素材を活かす塩味に。チャーシューは醤油ベースのたれに国産豚を1日漬け込むこだわりだ。中澤邦彦店長は「子どもや女性でも食べやすいよう、量は通常より少なめ。多くの人に食べてもらえたら」と話した。

 投票期間は6月1日(金)から7月31日(火)。ハガキやWEBで受け付ける。結果を受け、金賞・銀賞・銅賞が発表される予定。

中華食堂志藤の「角煮のせチャーハン」
中華食堂志藤の「角煮のせチャーハン」

瀬谷区版のトップニュース最新6件

「発展に向け、躍動する年に」

今年は過去最多42会場

瀬谷オープンガーデン

今年は過去最多42会場

4月18日号

県議選は田村氏再選

統一地方選挙瀬谷区

県議選は田村氏再選

4月11日号

「心臓リハビリ」普及に着手

11月30日開業へ

相鉄・JR直通線

11月30日開業へ

4月4日号

二ツ橋町に移転

瀬谷区休日急患診療所

二ツ橋町に移転

4月4日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク