瀬谷区版 掲載号:2018年5月31日号 エリアトップへ

地域の支え合い充実へ 三ツ境にボラ組織

社会

掲載号:2018年5月31日号

  • LINE
  • hatena
サポーターズの母体となるまちづくり推進委員のメンバーら
サポーターズの母体となるまちづくり推進委員のメンバーら

 三ツ境に暮らす人々の困り事や悩みを、同じ地域の住人が解決しようというボランティア組織「三ツ境地区サポーターズ」がこのほど立ち上がった。5月19日には二ツ橋地域ケアプラザで発足会があり、メンバーらは地域における支え合いの充実を力強く誓った。

困り事に対応

 サポーターズは、自治会町内会、地区社会福祉協議会、民生委員児童委員などで結成される「三ツ境地区住みよいまちづくり推進委員会」(諸橋政治会長)が母体。約70人が「地域活動」「趣味・特技」「生活支援」の3部門に名を連ねており、住民の要請に応じて支援する仕組みだ。

 請け負う作業はゴミ捨てや買い物の付き添い、電球交換といった生活に関わるものから、パソコン入力、イベントの手伝い、高齢者の見守りなど様々。囲碁や将棋などの相手、絵本の読み聞かせなどにも応じるという。料金は、生活支援に関わる内容については1時間500円(材料代や交通費などは依頼者負担)。希望者が事務局に依頼して、見積もりを経て正式に支援が決まる。対応可能エリアは三ツ境地区。

2年かけて準備

 サポーターズ発足のアイデアが持ち上がったのは2年前。住民同士のつながりを深め、それぞれの趣味や特技を活かしながらより良い街づくりを進めていくことを目的とする。設立にむけては住民アンケートを行い、”サポートできること”と”サポートして欲しいこと”を調査。地域の実情把握に努めた。

 発足会には関係者のほか、森秀毅瀬谷区長、瀬谷区連合町内会自治会連絡協議会の網代宗四郎会長、瀬谷区社会福祉協議会の福田愛一郎会長などが出席。同委員会の役員が、組織の概要や設立経緯を説明した。

 森区長は隣り近所の交流の重要性に触れて、「(サポーターズは)顔の見える関係づくりや、温かい地域づくりに貢献すると思います」と期待感を口にした。諸橋会長は「地域に密着した、共生・共助の組織。住民の方々の協力も多く、三ツ境という街の力を感じた。良い街づくりを進めてきたい」と抱負を語った。

 サポーターズに関わる問い合わせは同委員会・篠原さん【電話】045・391・2686。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

左馬社の歴史、紙芝居で

ふるさと民話の会

左馬社の歴史、紙芝居で 文化

例大祭で初の試み

10月10日号

「区の歴史、気軽に触れて」

史跡めぐりガイドブック

「区の歴史、気軽に触れて」 文化

市民や区役所が編集

10月10日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

区の商店街グルメNo.1

横浜ハッピー焼ドーナツ

区の商店街グルメNo.1 経済

モンテポンがエントリー

10月3日号

石川光希君が県頂点

瀬谷柔道会

石川光希君が県頂点 スポーツ

団体戦は2連覇

9月26日号

ひきこもり理解の一助に

ゆるり瀬谷

ひきこもり理解の一助に 社会

当事者ら招き交流行事

9月26日号

キッズデザイン賞に輝く

子育てタクシー

キッズデザイン賞に輝く 社会

親子や妊婦への支援評価

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 10月3日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハロウィーンの催し多数

旭区

ハロウィーンの催し多数

テラスで12日からフェスタ

10月12日~10月27日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク