瀬谷区版 掲載号:2018年6月14日号 エリアトップへ

瀬谷区商店街連合会の新会長に就任した 伊藤 吉治さん 区内瀬谷在住 77歳

掲載号:2018年6月14日号

  • LINE
  • hatena

「発想の転換」で新風を

 ○…瀬谷区商店街連合会の7代目会長として、商店街を盛り立ててゆく。瀬谷銀座通りで柔道場「善道館」を運営し、今年の3月までは瀬谷銀座通り商店会の会長を2年務めた。区商連の会長職を引き受けるか悩んだが、「自分がやってきた柔道の教えに沿い、地域社会に貢献できるのであれば」と決心。「畑違いだが、皆さんに支えてもらいながら取り組んでいきたい」と穏やかな笑顔を見せた。

 〇…生まれは川崎市。戦時中、母親の実家がある戸塚区に家族で疎開した。幼い頃の遊び相手はもっぱら虫や爬虫類などの生き物。じっと観察するうち頭に物語が浮かぶようになり、絵を描くことに夢中になった。絵の上手さで美術の道を期待された時期もあったが、祖父・父親が柔道経験者という家庭で「柔道家になるつもりだった」と笑ってみせる。中学から本格的に道場へ通うように。「この道で生きていこう」との思いは少年時代から明確だった。

 〇…高校卒業後、実業団の柔道部で活躍した後、1963年に神奈川県警に入庁。機動隊や警備課などを経験しながら柔道に打ち込んだ。時には学生運動やデモ隊の衝突など、激しい場面に出くわすことも。警察官という立場で同世代と対峙する辛さも度々あったが、「何よりも人間が好き」という思いで真摯に職務にあたり、信頼関係を築いてきた。

 〇…県警退職から1年後、かねてからの希望で開いた善道館で、子どもたちと向き合う日々だ。銀座通り商店会の会長時代、落語会を企画したり、夏祭りに話題の演奏家を招いたりと新たな取り組みを打ち出し、風を送り込んできた。「今後は発想の転換が大事だと思っている。変えていける部分がないか、皆と考えていきたい」。気持ちは既に、次へ向かっている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

関 洋二さん

開業30周年を迎えた横浜アリーナの代表取締役社長を務める

関 洋二さん

新横浜在勤 56歳

6月20日号

志水 隆一さん

瀬谷区PTA連絡協議会の会長に就任した

志水 隆一さん

区内在住 42歳

6月13日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月23日号

鈴木 好幸さん

皇室や多くの文化人らに愛される洋食器メーカー(株)大倉陶園の代表取締役を務める

鈴木 好幸さん

南区在住 60歳

5月16日号

西川 浩二さん

4月1日付で瀬谷消防署の署長に就任した

西川 浩二さん

磯子区在住 55歳

4月18日号

田島 充(みつる)さん

3月13日付で瀬谷警察署の署長に着任した

田島 充(みつる)さん

三ツ境在住 56歳

4月4日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

3月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 6月13日0:00更新

  • 5月23日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク