瀬谷区版 掲載号:2018年7月12日号 エリアトップへ

熱中症による救急搬送 区内で早くも急増 高齢者中心に6月で6件

社会

掲載号:2018年7月12日号

  • LINE
  • hatena

 熱中症による救急搬送が、瀬谷区で6月下旬から増加傾向にある。6月だけで6件発生しており、昨年同月(0件)を大きく上回るペース。75歳以上の高齢者が屋内で発症するケースが多く、瀬谷消防署では、屋内でも油断せずに小まめな水分補給やエアコンなどの利用を呼び掛けている。

 熱中症は、温度や湿度が高いなかで体温が調節できなくなり、めまい、体のだるさ、吐き気、頭痛などを引き起こす。悪化すると、けいれんや意識障害にもつながる。

 同署警防課によると、熱中症を原因とする救急搬送は6月3日〜9日に2件、17日〜23日に1件、24〜30日に3件発生している。7月は、9日午前8時の時点で3件。例年は7月から8月にかけてピークを迎えるが、今年は関東甲信越地方が観測史上最も早い6月29日に梅雨明けしており、署員は「気温上昇が増加の一因では」と分析する。

 6月の熱中症は、屋外と屋内でそれぞれ3件発生。搬送者のうち4人は、75歳以上だった。室温上昇した屋内で過ごし、体温が40度まで上昇していたケースもある。「高齢者は、気温や体温が上がっていることに気付きにくい場合があります」と署員。温度計や湿度計を置いたり、同居する家族が室温や高齢者の体調変化に注意すべきという。

「予防策の実践を」

 主な予防策はスポーツドリンクや経口補水液、塩タブレットなどで、水分と塩分をバランスよく摂取すること。カフェインを含むお茶やコーヒーは利尿作用があるため、注意が必要という。室内では28度を超えないようエアコンや扇風機で調整する。外出時は小まめに休憩するほか、日傘や帽子で日射しが直接当たることを防ぐ。

 署員は「気温が高い7月と8月は、全体的な救急搬送件数が増える時季です。熱中症の予防策を実践してもらえれば」と話している。

瀬谷区版のトップニュース最新6

個人宅も対象に

弁当配達せーやーいーつ

個人宅も対象に 社会

開始1年で新たな試み

5月7日号

瀬谷区で音楽を身近に

ミュージックスクエア

瀬谷区で音楽を身近に 文化

区民など行事立ち上げ

5月7日号

統合前にSDGs推進

瀬谷西高校

統合前にSDGs推進 教育

学習通じ地域に「恩返し」も

4月29日号

May J.さんに決定

横浜花博連絡協テーマソング

May J.さんに決定 社会

相鉄線3駅のBGMにも

4月29日号

かながわブランドに登録

横浜瀬谷うど

かながわブランドに登録 社会

跡地返還で栽培方法模索

4月22日号

本多選手(東野)、五輪へ

本多選手(東野)、五輪へ スポーツ

水泳日本選手権で優勝

4月22日号

きもの和五十鈴

5/1~5/5 ヘアセット・メイク体験会(通常1万2000円相当が無料)

http://kimonowaisuzu.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter