瀬谷区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

かんとう幼稚園 内モンゴルの児童と交流 民族舞踊に興味津々

教育

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena
踊りを披露する団員たち
踊りを披露する団員たち

 下瀬谷の「かんとう幼稚園」(籾山恭子園長)の園児が今月13日、中国・内モンゴル自治区の少女芸術団「内モンゴル小鴻燕(しょうこうえん)芸術団」の子どもたちと交流を深めた。

 同芸術団は、13日に泉区で行われた文化交流コンサートに合わせて横浜市に来ており、その一環として小学校などを訪れていた。同園への訪問は、内モンゴル出身で日本・モンゴル・中国文化交流会の会長を務める歌手・伊立娜(いりな)さんと、籾山園長の知人である籾山芳子さんが、かねてから交流があり実現したという。

 この日は、民族衣装に身を包んだ8歳から10歳までの団員32人が踊りを披露。園児たちは「とてもキレイ」などと楽しんだ様子だった。ステージ最後には、園児手作りの首飾りが団員に贈られた。籾山園長は「なかなか見ることが出来ない民族舞踊。とても素晴らしかったですね」と話していた。

チョコのシュトーレン販売中

三ツ境のまちパン屋・ベーカリーサザンヴィラでお待ちしています。

http://southern-villa.com/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

オペラ歌手が出演

クリスマスコンサート

オペラ歌手が出演 文化

ライブ配信も

11月26日号

ウェブ上で写真展

横浜市

ウェブ上で写真展 文化

姉妹都市の街並み公開

11月26日号

市 クックパッドと連携

市 クックパッドと連携 経済

アプリで商店街紹介など

11月26日号

五輪へ、テロ対応を検討

五輪へ、テロ対応を検討 社会

関係機関が図上形式で

11月26日号

終電時刻繰り上げへ

相模鉄道

終電時刻繰り上げへ 社会

来年春の改正から

11月26日号

教室をテレワークの場に

教室をテレワークの場に 社会

コロナ禍に有効活用

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク