瀬谷区版 掲載号:2018年9月6日号
  • LINE
  • hatena

9月12日からサンハートで第3回展示会を開く彩雅会の代表 鈴木 茂さん 三ツ境在住 79歳

肩肘張らず、自由に創作

 ○…「大きな会場で、展示会を開きたい」――。水彩画に取り組む5グループがタッグを組み、3年前に組織した「彩雅(さいが)会」。瀬谷区には広いアートギャラリーのような施設が無いため、二俣川駅直結のサンハートで作品展を開いている。発足から代表を務め、「言いだしっぺ」の1人として活動してきた。「第1回目は顔を知らない人もいて、とにかく大変でした。規定サイズをオーバーする作品もあり、展示レイアウトに苦労しましたね」。その一方で、5グループが一堂に会する合同展ならではの楽しみもある。「これはという素晴らしい作品が多い。創作活動の刺激になりますよ」

 ○…水彩画を始めたのは10年以上前。定年退職後の趣味にと書道や水墨画にも挑戦したが、家に飾るなら色鮮やかなものが良いと水彩画を選んだ。描く対象は植物・人物・風景など多岐にわたり、今年初めに完成した初となる作品集も、寺社仏閣や横浜市の街並み、老婆と子どもの触れ合いなど多彩な仕上がりになっている。水彩画の魅力は、「手軽に描けること」。紙と鉛筆、絵の具があれば、どこでもいつでも創作できる。その自由さが性に合った。

 ○…生まれは鶴見。小さい頃から絵が好きで、政治家などが書かれた新聞の挿絵をよく真似したそう。瀬谷に移り住んだのは30年ほど前。今では、2人の子どもと5人の孫に恵まれた。「孫の絵も描くんですよ」と作品を並べる様子は、まさに好々(こうこう)爺(や)といったところ。

 ○…来年1月には80歳を迎える。腰痛など体の不調も抱えており、外出して創作する時間は少なくなっているものの、月に一つは新作を手掛ける。「まぁ、こんな年齢だからね。これからも無理せず、流れに身を任せて頑張っていきますよ」と柔和な表情で語る。

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6件

西川 浩二さん

4月1日付で瀬谷消防署の署長に就任した

西川 浩二さん

4月18日号

田島 充(みつる)さん

3月13日付で瀬谷警察署の署長に着任した

田島 充(みつる)さん

4月4日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月28日号

豊田(とよだ) 久子さん

横浜市体育協会の横浜スポーツ表彰でスポーツ功労賞を受賞した

豊田(とよだ) 久子さん

3月21日号

鈴木 媛女(ひめ)さん

2月の「ベスト・オブ・ミス神奈川」で、ミスユニバーシティ神奈川代表に選ばれた

鈴木 媛女(ひめ)さん

3月14日号

高井 滋夫さん

阿久和地区センターの館長を務める

高井 滋夫さん

3月7日号

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク