瀬谷区版 掲載号:2018年9月13日号
  • LINE
  • はてぶ

口腔がんの早期発見を 歯科医師会 検診で呼びかけ

社会

歯科医師会の会員による診察が行われた
歯科医師会の会員による診察が行われた
 瀬谷歯科医師会(丸山泰治会長)の主催、瀬谷福祉保健センターの後援による「口腔がん無料検診」が9月2日に瀬谷区庁舎で開かれた。

 内臓のがんに比べて早期発見が可能だとされている、口腔がん。その一方で初期の自覚症状が軽いため、発見が遅れるケースがあるという。この検診は、早期発見と検診の重要性を区民に呼びかけようと、同会が企画している。

 この日は希望者の中から、50歳から86歳まで男女30人が受診。夫婦での参加もあり、一人ひとりに対して、口腔外科専門医と検診協力医のダブル体制による診察が行われた。

 同会の会員によると、口腔がんは、舌や歯茎、頬にできるがんの一種。舌の横にできる場合が多く、「がん全体としては多くはありませんが、放置した進行がんは生存率が低下します」という。

 また、治療後、日常生活における基本的な機能が失われることもあるという。そのため同会では「体のがんと同じように、検診による早期発見、早期治療が必要になってきます」と呼びかけている。

障害福祉のお仕事フェア

12/1 PM1:00~3:30 横浜駅東口ジャスト1号館8F会議室

http://www.e-hodogaya.org/osigotofea.html

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク