瀬谷区版 掲載号:2018年9月20日号 エリアトップへ

風しん 市内報告数が増加 12日までに27人

社会

掲載号:2018年9月20日号

  • LINE
  • hatena

 7月下旬から首都圏を中心に風しんの患者数が急増するなか、横浜市内でも8月20日から今月12日までの累計報告数が27人に上った。風しんは、過去5年間では2013年(累計報告数624人)に大流行している。

 市衛生研究所などの発表によると、市内罹患者は男性18人、女性9人。30〜40代の男性(10人)が多い。27人のうち、予防接種歴が確認できたのは男性4人のみだった。

 風しんの症状は発熱や発疹、リンパ節の腫れなど。発疹がでる前後1週間は感染性があるという。妊婦、特に妊娠初期の女性がかかると、白内障、心疾患、難聴などを引き起こす「先天性風しん症候群」の赤ちゃんが生まれる可能性があり、同研究所などは予防接種などを呼びかけている。

 市は対策として、19歳以上で妊娠を希望している女性とそのパートナー、妊婦のパートナーを対象に予防接種(3300円)と抗体検査(無料)を実施中。問合せは予防接種コールセンター【電話】045・330・8561。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のローカルニュース最新6

新型コロナで行事中止続く

はらっぱ、一般開放へ

はらっぱ、一般開放へ 社会

旧上瀬谷通信施設で

2月27日号

27年の花博開催目指す

横浜市

27年の花博開催目指す 社会

招致活動が進む

2月27日号

市郊外部の活性化拠点へ

旧上瀬谷通信施設

市郊外部の活性化拠点へ 社会

テーマパークなど計画

2月27日号

村治佳織リサイタル

村治佳織リサイタル 文化

タウンニュースホール

2月27日号

「連携深めた活動を」

「連携深めた活動を」 社会

瀬谷交通安全協会

2月27日号

「横浜の体験」を返礼品に

ふるさと納税

「横浜の体験」を返礼品に 社会

4月から23品目追加

2月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月27日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク