瀬谷区版 掲載号:2018年10月11日号
  • LINE
  • hatena

瀬谷区シニアクラブ連合会 50年の歩み祝う きょう11日に記念式典

社会

記念誌を見せる笹生会長
記念誌を見せる笹生会長

 クラブ活動などを行う高齢者による組織「瀬谷区シニアクラブ連合会」(笹生(さそう)登会長)が今月で創立50年目を迎えた。これを記念し、瀬谷公会堂できょう11日、記念式典と会員らのステージ披露が催される。

 地域でのクラブ活動を通じて健康や生きがいを創出し、高齢者に社会参加を促す同会は、1969年10月、戸塚区から分区し瀬谷区が誕生したことに伴い、「瀬谷区老人クラブ連合会」という名前で発足した。当時32のクラブ数で始まった同会は96年に80クラブ、会員数は4940人に達し、ピークに。2015年には「瀬谷区シニアクラブ連合会」と改称し、新たな一歩を踏み出した。これらの歩みや日頃の活動をまとめた記念誌をこのほど発行した。

 現在、同会に所属するクラブ数は約70で、およそ3500人の会員らがスポーツやカルチャーなど、さまざまな活動に楽しみながら取り組んでいる。第16代目となる笹生会長は、「どのクラブも特色を持ち、それぞれの力に応じた活動を展開しています。会として心がけるのは、活動に対し厳しい制約を設けないこと。ゆるやかなつながりを心がけています」と語る。

若い世代の参加促す

 課題の一つは会員数の減少だ。病気などで退会を余儀なくされたり亡くなったりするなど、会員が減る一方、新たに入会する数がそれを下回っている現状は、同会に限らず市内各区でも見られる傾向だという。

 笹生会長は「これからは、60代の若い世代の高齢者にいかに参加してもらうかが大事」とコメント。さらに、活動の場となる各自治会との連携も強化することで現会員と新規会員の融合をめざしたいとし、「クラブの輪を広げ、地域自体がより元気になっていければ」と期待を込めた。

 記念式典はきょう午前10時から瀬谷公会堂で開催。クラブの表彰や市消防音楽隊の演奏の後、会員による踊りなどが披露され、50周年を盛り上げる予定となっている。

瀬谷区版のトップニュース最新6件

「発展に向け、躍動する年に」

今年は過去最多42会場

瀬谷オープンガーデン

今年は過去最多42会場

4月18日号

県議選は田村氏再選

統一地方選挙瀬谷区

県議選は田村氏再選

4月11日号

「心臓リハビリ」普及に着手

11月30日開業へ

相鉄・JR直通線

11月30日開業へ

4月4日号

二ツ橋町に移転

瀬谷区休日急患診療所

二ツ橋町に移転

4月4日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク