瀬谷区版 掲載号:2018年10月11日号
  • LINE
  • hatena

(一社)日本相撲甚句会の認定師範を務める 菅野 藤雄さん 下瀬谷在住 70歳

裾野拡大に情熱注ぐ

 ○…江戸時代に始まり、大相撲の地方巡業などで唄い継がれてきた伝統芸能「相撲甚句」。力士の昇進や引退から地方の郷土文化まで、多種多様な歌詞が魅力の七五調の歌だ。普及組織は全国各地にあるが、認定師範はわずか11人。横浜市民ではただ1人になる。7月に認定され、9月には両国の商業施設「─両国─江戸NOREN」で師範としての初舞台に臨んだ。専用の半被を着て、ステージである土俵に立つと大きな緊張に包まれたという。「師範であるという重みを強く感じました」

 ○…中学生の頃に、相撲甚句と出合う。初代若乃花の引退記念の歌をラジオで聴き、「第二の若をつくるまで」という歌詞が心に響いた。この体験から40年近く経った50代前半、横浜相撲甚句会の会員募集のチラシを契機に、その扉を叩く。今は横浜相撲甚句会副会長を務め、昨年には瀬谷でも相撲甚句会の立ち上げに一役買った。近所の行事で歌を披露することもあり、「菅野さんと言えば相撲甚句」と認識されるほどだ。

 ○…古希を迎えてなお肌に色つやがあり、日焼けした腕はたくましい。健康の秘訣は、定年退職後に立ち上げた植木屋の多忙ぶりも一つ。庭木の剪定や植栽、掃除など肉体労働に励む。「流石に、この夏の暑さは辛かった」と破顔一笑。相撲甚句の活動も含めて、毎日何かしらの予定があってこそ、日常にハリが出る。

 ○…認定師範としての四股名(しこな)は「永楓葵(えいふうき)」。日本相撲甚句会の創始者・福田永昌さんと、自身の2人の孫の名に由来する。「おじいちゃんが相撲甚句をやっていることを知って欲しい」と願いを込めた。今後は教室を開いたりと、普及に尽力する考え。「哀愁漂う曲調や、唄い手と観客の心が一つになれることが魅力。多くの人に伝えたい」と更なる活動に意欲を見せる。

瀬谷区版の人物風土記最新6件

西川 浩二さん

4月1日付で瀬谷消防署の署長に就任した

西川 浩二さん

4月18日号

田島 充(みつる)さん

3月13日付で瀬谷警察署の署長に着任した

田島 充(みつる)さん

4月4日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月28日号

豊田(とよだ) 久子さん

横浜市体育協会の横浜スポーツ表彰でスポーツ功労賞を受賞した

豊田(とよだ) 久子さん

3月21日号

鈴木 媛女(ひめ)さん

2月の「ベスト・オブ・ミス神奈川」で、ミスユニバーシティ神奈川代表に選ばれた

鈴木 媛女(ひめ)さん

3月14日号

高井 滋夫さん

阿久和地区センターの館長を務める

高井 滋夫さん

3月7日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク