瀬谷区版 掲載号:2019年2月14日号
  • LINE
  • hatena

県シニア起業家ビジネスグランプリで県知事賞に輝いた(株)筆友会の代表取締役 前原 洋子さん 下瀬谷在住 58歳

幼児の文字教育に尽力

 ○…「幼児期における文字教育の大切さを多くの人に伝えたい」――。3、4歳頃の子どもが書道に取り組めるようにと、墨ではなく水で文字を書く「筆友会 ふでともかきかた教室」を立ち上げてから6年目の今年、県シニア起業家ビジネスグランプリで県知事賞を受賞した。快挙達成を喜ぶ一方で、「幼児の書写教育をより広げていかなければなりません」と使命感を新たにする。

 ○…1998年に「前原杏華(きょうか)書道教室」を開設。それ以前は、社会科の教員として中学校で教鞭を執っていた。忙しいなか、自分の時間を作りたいと始めたのが書道だった。これが転機となって、書写の授業も担当するようになり、さらには通信で高校書道の免許も取得するほど熱中していった。現在では、自身の教室と筆友会の事業に加えて、(公財)書壇院や横浜書作協会の会員としても活躍する。「実は不器用で、本番に弱いタイプ。何度でも繰り返し創作できる書道が、自分には合っていたのかもしれません」。コツコツ積み重ねた努力が、今につながっている。

 ○…書道に関わる活動で多忙な日々。「こうして思う存分動けるのは、理解して支えてくれる夫のおかげです」とパートナーへの感謝の気持ちは尽きない。夫婦揃って旅行好きで、どれだけ忙しくても時間を確保するようにしているそう。5年ほど前から続けている生け花教室の時間も、心休まるひと時。教わる立場として別の分野に触れることで、視野を広げる。

 ○…文化勲章などを受章した著名な書道家・青山杉雨(さんう)さんの「未だに納得いく作品を書いたことがない」という言葉が心に残っている。その想いは自身も同じで、「一生勉強です」と語る。一書道家として、筆友会の代表としても現状に満足せず、今後も邁進していく。

瀬谷区版の人物風土記最新6件

西川 浩二さん

4月1日付で瀬谷消防署の署長に就任した

西川 浩二さん

4月18日号

田島 充(みつる)さん

3月13日付で瀬谷警察署の署長に着任した

田島 充(みつる)さん

4月4日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月28日号

豊田(とよだ) 久子さん

横浜市体育協会の横浜スポーツ表彰でスポーツ功労賞を受賞した

豊田(とよだ) 久子さん

3月21日号

鈴木 媛女(ひめ)さん

2月の「ベスト・オブ・ミス神奈川」で、ミスユニバーシティ神奈川代表に選ばれた

鈴木 媛女(ひめ)さん

3月14日号

高井 滋夫さん

阿久和地区センターの館長を務める

高井 滋夫さん

3月7日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク