瀬谷区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

シニア起業家ビジネスグランプリ 前原さんが県知事賞 水書道の習字教室を展開

教育

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手に笑顔を見せる前原さん
賞状を手に笑顔を見せる前原さん

 神奈川県の「シニア起業家ビジネスグランプリ2019」で、「水書道」を取り入れた習字教室を数多く展開する(株)筆友(ふでとも)会の前原洋子さん(下瀬谷・58歳)=人物風土記に関連記事=が、県知事賞に輝いた。幼児期における文字教育への貢献などが受賞につながり、2月6日にはパシフィコ横浜で表彰式が行われた。

幼児期の文字教育を重視

 同グランプリは、おおむね55歳以上の起業家や事業を興そうとしている人を支援するため、2016年度に始まった。起業から10年未満の「ベンチャー」と、起業予定の「アイデア」の2部門がある。今年は応募69件のなかから、各部門で3件ずつ受賞者が選ばれた。前原さんはベンチャー部門で県知事賞を獲得した。

 「水書道」は、墨ではなく水で文字を書く。使用する半紙は町田市の会社が手掛ける「水書きグー」という特殊な品。水で書くと色が付き、乾くと消える特徴があり、墨で服や部屋が汚れる心配がない。前原さんは、幼児期に習字を始める子どもが少ない実態を憂慮して2013年、水書道を学び硬筆にも活かす「筆友会 ふでともかきかた教室」を立ち上げた。

 現在は、各地の幼稚園などで正課・課外合わせて29教室を運営。登録講師は約35人を数え、筆友会のカリキュラムで指導している「パートーナー教室」が8カ所ある。

 13年の事業開始から5年間を基盤固めの時期として教材やカリキュラム、講師の充実に努めた。これからは事業をより広げていく意向で、昨年10月には法人化を果たした。

受賞で気持ち新たに

 筆友会の設立前から、書道教室を経営している前原さん。その経験から、文字を覚え始める、おおむね4歳前後の文字教育の重要性を訴える。この時期に、間違った筆順や癖を身に付けないことが重要だという。毛筆で書くことによって、正しい文字の形や、鉛筆では捉えにくい「はらい」や「とめ」などを学べると説明する。

 受賞について「これまでの取り組みが認められて嬉しいです」とし、「支えてくれた登録講師、幼稚園や保護者の皆様のおかげです」と感謝の気持ちを話す。筆友会では今後2年間で教室数を170に増やすことを目指しており、「これからも多くの人の理解を得られるよう活動を続けていきます」と意気込んでいる。

特殊な半紙を使い、文字を書く子どもたち
特殊な半紙を使い、文字を書く子どもたち

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月23日号

外国人が母語で指導

外国人が母語で指導 社会

防災講座、分かりやすく

5月23日号

全校で当日注文可能に

ハマ弁

全校で当日注文可能に 教育

今月28日からスタート

5月16日号

30年ぶりの第九に挑戦

"音楽のまちSEYA"実行委員会

30年ぶりの第九に挑戦 文化

区民合唱団結成へ

5月16日号

26年の花博招致目指す

横浜市

26年の花博招致目指す 社会

旧上瀬谷通信施設を会場に

5月1日号

区制50周年の節目

瀬谷区

区制50周年の節目 社会

記念事業で区民とお祝い

5月1日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月23日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク