瀬谷区版 掲載号:2019年2月21日号 エリアトップへ

振り込め詐欺18年認知件数 過去最多の48件 カード狙う手口増加

社会

掲載号:2019年2月21日号

  • LINE
  • hatena

 2018年の瀬谷警察署管内の振り込め詐欺の認知件数が48件と、集計を始めた2009年以降で過去最多になった。警察官などを装いキャッシュカードを直接受け取りにくる手口が増えており、瀬谷警察署では注意を呼びかけている。

 同署によると18年の認知件数は、これまで最も多かった17年(34件)と16年(同)を上回った。被害額は約6100万円で、17年(約1億3000万円)から減少。年代別にみると、70〜80代の被害者が全体の9割近くを占め、特に女性が被害に遭うケースが多い。

 振り込め詐欺の一種で、息子や孫を騙る「オレオレ詐欺」はこれまで横領事件や借金返済などを理由にお金を騙し取るケースが多かったが、近年増えているのがキャッシュカードを狙う手口。警察官やデパート職員を名乗り、「口座が悪用されている」「あなたのカードで買い物をしている人がいる」などと、キャッシュカードと暗証番号を手に入れようとする。18年は、このカード手交型が主流だったという。また、「法務省管轄支局」「民事訴訟管理センター」を装う詐欺の葉書も多く、区民から相談が寄せられている。

 同署では詐欺被害を防ぐために、金融機関に協力を依頼したり、地域での防犯講話など情報発信に取り組む。個人でできる対策としては普段から家族と密にコミュニケーションを図ること。また、電話機に接続することで「通話内容を録音します」などとガイダンスを流す機器なども有効だという。カード手交型については、「警察官や銀行員などがカードを受け取りに行くことはありません。暗証番号も教えないで下さい」と強調している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

全校で当日注文可能に

ハマ弁

全校で当日注文可能に 教育

今月28日からスタート

5月16日号

30年ぶりの第九に挑戦

"音楽のまちSEYA"実行委員会

30年ぶりの第九に挑戦 文化

区民合唱団結成へ

5月16日号

26年の花博招致目指す

横浜市

26年の花博招致目指す 社会

旧上瀬谷通信施設を会場に

5月1日号

区制50周年の節目

瀬谷区

区制50周年の節目 社会

記念事業で区民とお祝い

5月1日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

4月25日号

新たなメイトガイド完成

瀬谷区民活動センター

新たなメイトガイド完成 社会

「つながりやすさ」を工夫

4月25日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク