瀬谷区版 掲載号:2019年3月7日号
  • LINE
  • hatena

阿久和地区センターの館長を務める 高井 滋夫さん 保土ケ谷区在住 62歳

利用しやすさ追求

 ○…年間10万人を超える来館者がある阿久和地区センター。館長として、2人の副館長やスタッフと協力しながら運営にあたる。目指しているのは「気持ちよく利用できる地区センター」だ。空調など不具合を見つければ修繕を行い、スタッフ全員で挨拶を徹底しては来館者の気持ちを和ます。ハードとソフトの両面から、快適な施設を追い求める。「私はどちらかというと後方支援です。裏方として利用しやすい環境づくりに努めたい」と柔和な表情で話す。

 ○…大学卒業後に横浜市役所に入庁し、主に税金や区画整理などに関わる課に勤務。再任用後の働く場所として選んだのが、宮城県多賀城市の復興支援だった。「なかなか行く機会が無かったのですが、被災地がどうなっているのか、ずっと気になっていたんです」。2016年4月から2年間にわたり単身赴任し、市職員の経験を活かして区画整理事業に従事。休日など時間を見つけては、津波で大きな被害を受けた仙石線沿いを歩き、被災地の現状を見つめた。

 ○…家族は妻と4人の子ども。登山好きで、育児などで離れていた時期もあったが、東北時代に再燃。苦しい坂を登りきり、樹林帯を越えた地域に足を踏み入れた瞬間の心地よい風や、開けた景色が醍醐味という。「山は地方によって趣が異なります」と、今は北陸の白山に関心を抱く。

 ○…まもなく館長就任から1年が経つ。今後の目標の一つは部屋の稼働率を上げること。昨年は夏休みに会議室を学習室として開放するなど手を打った。若い世代へのPRも重要で、昨年からツィッターで情報発信する。「利用者の意見をしっかり聴いて運営してきたい」とも語り、意見箱や利用者会議などを通じてニーズの把握に努め、より良い施設を目指していく。

瀬谷区版の人物風土記最新6件

西川 浩二さん

4月1日付で瀬谷消防署の署長に就任した

西川 浩二さん

4月18日号

田島 充(みつる)さん

3月13日付で瀬谷警察署の署長に着任した

田島 充(みつる)さん

4月4日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月28日号

豊田(とよだ) 久子さん

横浜市体育協会の横浜スポーツ表彰でスポーツ功労賞を受賞した

豊田(とよだ) 久子さん

3月21日号

鈴木 媛女(ひめ)さん

2月の「ベスト・オブ・ミス神奈川」で、ミスユニバーシティ神奈川代表に選ばれた

鈴木 媛女(ひめ)さん

3月14日号

熊谷 晃子さん

JICA横浜センターの所長を務める

熊谷 晃子さん

2月28日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク