瀬谷区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

4月1日付で瀬谷消防署の署長に就任した 西川 浩二さん 磯子区在住 55歳

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena

基本に忠実、自ら率先

 ○…これまでに横浜市消防局警防部救急課長などを歴任。署長職は初となる。就任し、区民や事業所の防災意識の高さを感じたという。業種や業態の垣根を越えたつながりが地域にあるとして、「こうした流れをさらに強化したい」と意気込む。さらに、区制50周年と令和の幕開けという大きな節目に、「瀬谷区の安全・安心の向上につながるよう、署員一丸となって消防業務に取り組みます」と力強く語る。

 ○…金沢区の出身。高校時代に教師から「消防官に向いている」と勧められたことをきっかけに現在の道を志した。消防業務において特に重視するのはチームワークで、日頃から信頼関係を築くことを心がけている。また、市民の安全・安心を守るという目標のためには、時には上司や部下の立場を越えて率直に意見を交わせる環境づくりが重要だとも。「厳しくも礼儀があり、明るくコミュニケーションできる職場が理想。全員が同じ方向を向いて進んでいければ」

 ○…現在は妻と義母、愛犬と暮らす。社会人と大学生になる息子が小さい頃は、キャンピングカーで各地を巡り、道の駅で夜を明かすような経験も。今の趣味はヘラブナ釣り。池に糸を垂らし、ウキのわずかな動きをじっと待つ。数時間待つこともあるが、魚がかかり、釣り上げた瞬間の達成感はひとしおだという。

 ○…就任時、職員に実践を呼びかけたのが「仕事の基本ABC」の徹底。先輩に教わった言葉で、「当たり前のことを、馬鹿にしないで、ちゃんとやる」という意味だ。何事も気を緩めずやり通すことは、簡単なようでいて困難を伴う。「消防におけるミスは市民の安全・安心を揺るがしかねない」として、「何より基本に忠実でいること。率先していきたい」と自らを律している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

出川 哲朗さん

横浜市出身のお笑いタレント

出川 哲朗さん

 55歳

8月1日号

太田 雄一郎さん

(公社)横浜市獣医師会の会長に就任した

太田 雄一郎さん

港南区在住 65歳

7月25日号

佐藤 康(やすし)さん

横浜瀬谷ライオンズクラブの第46代会長に就任した

佐藤 康(やすし)さん

本郷在住 49歳

7月11日号

井上 博海(ひろみ)さん

横浜瀬谷ロータリークラブの新会長に7月1日付で就任した

井上 博海(ひろみ)さん

本郷在住 84歳

7月4日号

関 洋二さん

開業30周年を迎えた横浜アリーナの代表取締役社長を務める

関 洋二さん

新横浜在勤 56歳

6月20日号

志水 隆一さん

瀬谷区PTA連絡協議会の会長に就任した

志水 隆一さん

区内在住 42歳

6月13日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月23日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク