瀬谷区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

ハマ弁 全校で当日注文可能に 今月28日からスタート

教育

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
従来のおかず(上)から3つ切りにしメインを増量した新しいおかず
従来のおかず(上)から3つ切りにしメインを増量した新しいおかず

 横浜市は市立中学校で導入している配達弁当「ハマ弁」の喫食率向上を目指し、5月28日から全145校で当日注文を開始する。メインのおかずをボリュームアップするなど、内容の改善と合わせ、利用者増を図る狙いだ。

 ハマ弁は16年7月から一部学校で提供を開始。翌年1月から全校導入したが、喫食率は開始以来1〜3%前後を推移しており、予てから利用者が少ない状況が続いている。

 ハマ弁を利用するには、配達日から最短で7日前までに注文する必要があるため、保護者からは利便性向上を求める声が多く寄せられていた。

 そこで市は18年8月から市内12のモニター校で当日注文を実施。12校での3月喫食率が7・4%になり、市平均の3・1%を上回っていることなどを理由に、市内全校での当日注文に踏み切る。

 これにより配達日前日の午後8時から当日午前7時半まで「ハマ弁注文サイト(https://www.hamaben.jp/)」で注文可能になる。当日注文には事前の利用者登録が必要だが、モニター12校のうち5校では喫食率が10%を超え、利用促進に一定の効果が見られた。

 また、クレジットカードかコンビニエンスストアでの支払いがLINEの決済サービス「LINE Pay」で可能になる。さらに、4月からはおかず容器を3つ切りに変更してメインのおかずを増量し、これまで以上に魅力的な内容で提供。市教委担当者は「19年度末までに喫食率15%を目指す」と目標値を語った。

給食求める声も

 横浜の市民団体が3月に発表した中学校昼食に関するアンケートによると市民3729人の95%以上が「給食が望ましい」と回答するなど、給食を求める声は根強い。市は完全給食の実施について敷地の問題や高額な施設整備費などを理由に難色を示す。市担当者は「まずは、ハマ弁の喫食率向上に取り組む」と話す。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客効果狙い

6月13日号

区制50周年、盛大に

2019年度区運営方針

区制50周年、盛大に 社会

記念事業を多く展開

6月13日号

外国人10万人超え

横浜市人口

外国人10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

6月6日号

花博誘致へ地元一丸

花博誘致へ地元一丸 社会

市や県、推進協を設立

6月6日号

市訓練会で優秀賞

下瀬谷特別救助隊

市訓練会で優秀賞 社会

4年連続の県出場決める

5月30日号

20周年の節目祝う

20周年の節目祝う 社会

横浜西部工業会が式典

5月30日号

外国人が母語で指導

外国人が母語で指導 社会

防災講座、分かりやすく

5月23日号

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 5月23日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク