瀬谷区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

外国人が母語で指導 防災講座、分かりやすく

社会

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena
講座への参加を呼びかける主催者ら。左から金子さん、グェンさん、キさん、ダンさん、飯吉さん、瀬谷消防署の齋藤正二さん
講座への参加を呼びかける主催者ら。左から金子さん、グェンさん、キさん、ダンさん、飯吉さん、瀬谷消防署の齋藤正二さん

 「外国人防災講師」がそれぞれの母語で指導する、外国人向け防災講座が6月1日(土)に細谷戸第一集会所で開催される。日本語ではなく外国語で情報を伝えることでより理解を深めてもらおうという、瀬谷区初となる試みだ。

 講座を主催するのは、福祉事業所や保育施設、ボランティア団体などが加盟する「Seya防災ネットワーク」の分科会である「ピンチをチャンスに!減災共助の会」。子育て中の外国人を同じ国の人が支援する「通訳・翻訳グループカムオン・シェシェ」や、瀬谷消防署が協力する。当日の「外国人防災講師」は中国のキ・セイさんとセツ・ホウホウさん、ベトナムのダン・ティー・トゥーさんとグェン・ティ・ハインさん。日本語を話すことができる4人は昨年5月、同署の職員による講習会に参加し、救命処置、火災や災害から身を守る術などを学んだ。

 講座は1日午前10時から正午まで同集会所(瀬谷町5810の5)で、外国籍の人と子育て中の親子などを対象に開催(参加無料/申し込み不要)。講師の4人が中国語とベトナム語を用いて、心臓マッサージや止血の方法、AED(自動体外式除細動器)の取り扱い、救急車や消防車の呼び方などを指導する。また、火災発生時の対応として初期消火や避難の方法を説明。災害備蓄品の展示、消防車の乗車体験(10時〜11時)もあるという。

災害の備え課題

 同署によると、区内の外国人登録者数は1832人(2019年4月)。国別では中国(516人)が最も多く、ベトナム(382人)、フィリピン(232人)と続く。

 区内で暮らす外国人が年々増えるなかで、課題の一つが防災対策だ。カムオン・シェシェの金子真澄さんによると、約5年前に多言語子育て情報発信プロジェクトの一環として実施したヒアリング調査で、災害時の対応がよく分からないという声が多く挙がったという。講師の1人であるキさんも「地域の防災訓練に参加することもなく、地震があったら(周囲が)助けてくれると思っていた。避難所に行けば大丈夫だろうと思い、備蓄品も持っていなかった」と振り返る。

 初の講座に向けて、「1人でも多くの人に防災情報を教えたい」とキさん。ダンさんは「講座で人とのつながりを作って下さい。色々な情報を知ることができるようになる」とし、グェンさんは「将来は日本語を身に付けて、自分たちで防災や子育てのことを学べるようになって欲しい」と期待する。減災共助の会の世話人の1人である飯吉明子さんは「最初は災害に対する危機感を持つことは難しいかもしれませんが、まずは講座に参加してもらえれば」と呼びかけ、金子さんは「身近に日本語を話せない外国人がいたら、ぜひ講座について教えてあげて欲しい」と話す。問い合せは同署予防課【電話】045・362・0119。

瀬谷区版のトップニュース最新6

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客効果狙い

6月13日号

区制50周年、盛大に

2019年度区運営方針

区制50周年、盛大に 社会

記念事業を多く展開

6月13日号

外国人10万人超え

横浜市人口

外国人10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

6月6日号

花博誘致へ地元一丸

花博誘致へ地元一丸 社会

市や県、推進協を設立

6月6日号

市訓練会で優秀賞

下瀬谷特別救助隊

市訓練会で優秀賞 社会

4年連続の県出場決める

5月30日号

20周年の節目祝う

20周年の節目祝う 社会

横浜西部工業会が式典

5月30日号

6/2家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 5月23日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク