瀬谷区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

横浜市内認可保育園 外遊びの安全確保に苦悩 4割が狭い園庭

社会

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena

 大津市の園児死亡事故から1カ月、横浜市内でも安全対策が進むなか、保育現場からは「これ以上どうすれば」という困惑の声も聞かれる。特に園外での活動が日常的に必要となる、園庭面積の緩和を受けている園は全体の約4割に上り、子どもの成長にも不可欠な活動と、安全面の間で揺れている。

 大津市の状況を見た関係者らは、「対策は素晴らしいものだった。自分たちも同様にやっている。あれ以上どうすればいいのか」と一様に困惑する。そんな安全対策において、保育園関係者が頭を悩ませる理由の一つが、園庭の緩和による園外活動の増加だ。

 近年の待機児童対策のため、市は駅前など土地の狭い保育園で園庭面積の緩和を認めてきた。「近隣公園のみで園庭なし」を許容する国の基準より厳しく、市では2分の1の園庭設置を必須としているが、「大きくないので雨の日以外はほぼ毎日外に出る」と緩和を受ける市内の保育園は話す。

プール場のみ74カ所

 今年4月1日現在、認可保育園723カ所のうち、園庭面積の緩和を受ける園は280カ所。全体の約4割に上る。さらに、駅から300m以内で2分の1も難しい園は、「プール遊びができる園庭」のみが認められており、74カ所となっている。

 市は駅前の立地について、「利便性からニーズが高い」と説明。今後も傾向は続くと予想する。

 市内の関係者からは、「散歩は園児の成長のためにも重要。園庭の有無にかかわらず行われるので、安全対策は全体の問題」とする声がある一方、市内の園長の一人は「特に園庭の狭い園は散歩が日常的にあり、よりリスクは高い」と指摘。「園の中での遊びも工夫しながら、リスクを減らしていく方法もある」とした。

市、6月中に一斉点検

 大津市の事故を受けて、市道路局は6月中に、過去の事故発生件数の多さや、歩行者が集中する駅前などの市内交差点256カ所の緊急点検を実施する。

 ガードレールなどが必要と判断された場合は、警察などと連携しながら順次対策を講じ、今後は保育園などからの要望も対応していきたいとした。
 

瀬谷区版のローカルニュース最新6

声掛けで特殊詐欺防ぐ

横浜銀行瀬谷支店

声掛けで特殊詐欺防ぐ 社会

警察から表彰

10月28日号

各商店街でハロウィーン

三ツ境

各商店街でハロウィーン 社会

子どもにお菓子配布

10月28日号

「秋の歌祭り楽しんで」

廣松音楽事務所

「秋の歌祭り楽しんで」 文化

3日、瀬谷公会堂で

10月28日号

コロナ対策と防災学ぶ

コロナ対策と防災学ぶ 社会

11月に総合講座

10月28日号

補助制度の実績「低調」

ブロック塀改善事業

補助制度の実績「低調」 社会

申請期間延長を検討

10月28日号

絵本で子どもと遊んで

絵本で子どもと遊んで 教育

父親向けの育児支援講座

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月28日0:00更新

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook