瀬谷区版 掲載号:2019年7月4日号 エリアトップへ

瀬谷区音楽祭 多彩な祭典、30回の節目 全員合唱・合奏で祝う

文化

掲載号:2019年7月4日号

  • LINE
  • hatena
デザインを一新したポスターを持つ大神会長
デザインを一新したポスターを持つ大神会長

 区内の音楽団体のメンバーが中心となって結成した瀬谷区音楽祭連絡会(大神俊幸会長)が7月6日(土)と7日(日)、瀬谷公会堂で第30回音楽祭を開催する。今年は出演者による全員合唱・合奏など特別プログラムを行い、30周年に華を添える。

 音楽祭は区制20周年の時に始まったもので、区役所が区民有志の協力のもと主催していた。当初は1日開催だったが、年数を重ねるごとに出演者が増え、12回を超えた頃から2日間となった。「出演者が多くなり演奏する楽器の種類も増え、バラエティー豊かなイベントになってきたと感じる」と大神会長。「お客さんと参加者が楽しめる音楽祭を末永く続けていきたい」と思いを語る。

 連絡会が立ち上がり、音楽祭を主催するようになったのは13年前。現在は約40の個人・団体が登録し、各団体のメンバー10人超が役員として中心的な役割を担う。

 準備から本番まで“手作り”が音楽祭の特徴。舞台照明や来場者の案内などを、出演者らが分担して行うという。ポスターも自前で製作し、今年はメンバーからデザインを公募。瀬谷市民の森の写真を大きく使い、自然環境豊かな瀬谷区や、瀬谷公会堂の愛称である「杜の公会堂」を連想させるデザインが選ばれた。

瀬谷にちなんだ音楽も

 今年は2日間で、30を超える個人・団体が出演する。初日は合唱団体が中心のステージで、午後0時30分開演。30周年記念プログラムとして、区制25年の時に作られたという「SEYA〜大地に水のわくところ〜」を、冒頭と中盤に来場者交えて全員合唱する。

 2日目は1時開演で、トーンチャイムやピアノ、フルート、揚琴(ようきん)などの楽器演奏や声楽が中心となっている。合唱の部と同じく出演者による全員合奏も予定されており、「ふるさと瀬谷〜瀬谷区音楽祭30周年によせて〜」と題して、瀬谷区の四季折々の様子をモチーフに「さくらさくら」や「たなばたさま」をアレンジしたメドレーを披露する。

 大神会長は「バラエティーに富んだ演奏会。ぜひ音楽で癒されてほしい」と来場を呼びかけている。

問い合わせは大神会長【電話】045・301・4383(午後8時から10時)。

瀬谷区版のトップニュース最新6

ラジオ体操で介護予防

第四地区社協

ラジオ体操で介護予防 社会

25日に10周年イベント

8月22日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月22日号

国際行事へテロ対応訓練

国際行事へテロ対応訓練 社会

関係機関 連携強化目指す

8月15日号

中屋敷で移動販売車

セブンイレブン

中屋敷で移動販売車 社会

買い物弱者支援へ

8月15日号

瀬谷ライダーズが準優勝

県小学生野球連盟大会

瀬谷ライダーズが準優勝 スポーツ

「意地見せた」準決で逆転劇

8月8日号

11月30日から新ダイヤ

相鉄・JR直通線

11月30日から新ダイヤ 社会

通勤特急・通勤急行の導入も

8月8日号

21年完成目指し起工式

ビルや駅前広場など整備

21年完成目指し起工式 社会

瀬谷駅南口の再開発

8月1日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク