瀬谷区版 掲載号:2019年7月4日号 エリアトップへ

横浜市 公民連携し魅力ある公園へ 基本方針を策定

社会

掲載号:2019年7月4日号

  • LINE
  • hatena
民間事業者によりアスレチック施設などが整備される里山ガーデン(写真は緑化フェア開催時)
民間事業者によりアスレチック施設などが整備される里山ガーデン(写真は緑化フェア開催時)

 横浜市は公園の魅力アップを図り、横浜のブランド力向上などを目的に、公園における「公民連携」を推進している。市は現在、基本方針の策定に向け意見募集中。9月に公表する考えだ。

 横浜市内にある公園は現在、約2700カ所。そのうち約2300カ所の管理の一部を公園愛護会が担うほか、スポーツ施設のある公園など約100カ所には指定管理者制度が導入されており、公園の公民連携が進んでいる。一方、公園全体では約6割が設置から30年以上が経過。厳しい財政状況の中、整備費や維持管理費の確保が難しいのが現状だ。

 そのような変化を受け市は、これからの公園の方向性をまとめた基本方針の策定を進めている。民間事業者などと連携し、「公園利用者の満足度の向上」や「維持・管理の効率化」などを目指していく。具体的な取り組みとしては、大規模公園などで各公園の特性を生かした将来像を描くプランの策定、公募設置管理制度(Park-PFI)※の推進など。社会情勢の変化や公園利用者のニーズが多様化する中、市は公民連携を進めることで公園の魅力をアップさせ、公園から横浜のブランド力向上を図る考えだ。

里山ガーデンが市内初

 2017年の全国都市緑化よこはまフェアの会場として整備された「里山ガーデン」(旭区)では、公民連携の先行事例として、市内初のPark―PFIによる事業が進められている。開園は今年9月の予定。園内には本格的なアスレチック施設が整備される。市環境創造局担当者は「公園に応じて、利用者からのニーズの高い『カフェ』や『ランニング拠点』などが整備される可能性もあるのでは」と話す。基本方針の素案や意見募集の概要は市環境創造局ホームページで確認できる。

※公募設置管理制度…民間事業者などの資金やノウハウを活用し、公園の整備・管理を行う制度。管理委託を受ける民間事業者などの事業期間が最長10年から20年に延伸したことで、提供できるサービスの幅が広がった。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

小澤院長が「いのちの授業」

小澤院長が「いのちの授業」 社会

21日に公会堂で

1月16日号

新春の瀬谷を駆け抜ける

新春の瀬谷を駆け抜ける スポーツ

19日に区マラソン大会

1月16日号

ニュー横浜スターズが優勝

ニュー横浜スターズが優勝 スポーツ

ベイ旗争奪少年野球大会

1月9日号

「農業の魅力伝えたい」

新成人CloseUp

「農業の魅力伝えたい」 社会

上瀬谷町の秋山良太さん

1月9日号

新春に瀬谷八福神を巡る

新春に瀬谷八福神を巡る スポーツ

水緑の健康ウォーク

1月9日号

聖火リレーのルート発表

東京2020

聖火リレーのルート発表 スポーツ

市内は7月1日に走行

1月9日号

横浜の魅力をPR

横浜の魅力をPR 社会

観光親善大使を募集

1月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月19日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク