瀬谷区版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

(PR)

だるさやむくみ伴う足の”コブ” 総合診療 「放置せず検査・治療を」 下肢静脈瘤の専門医が対応

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena
澤田傑院長
澤田傑院長

 今年で創立51年の「横浜甦生病院」。内科・耳鼻科・整形外科・外科・皮膚科、さらには末期がんの患者を受け入れる「緩和ケア」など幅広い診療科目で、理念の「人にやさしい医療・看護・介護」を実践している。

 同院が2年前から力を入れているのが「下肢静脈瘤」の啓発・治療だ。この病気は足(特にふくらはぎ)にコブのように血管が浮き出るもの。足の伏在静脈の逆流によって引き起こされ、自覚症状がない人もいるが、「足がだるい」「つる」「むくみ」「皮膚の変色」などを伴うケースもあるという。女性に多いとされる疾患で、妊娠や出産を契機に悪化する人もいる。

 「下肢静脈瘤はここ数年でよく知られるようになりましたが、放置する人が多いのも現状です」と澤田傑院長。同院では、疾患について知ってもらおうと過去に公開講座を実施。講座は別テーマで、毎年開催しているという。

 動因の検査は10分ほどで済む静脈エコー。治療法は切らずに、術前術後の痛みを抑えた「ラジオ波(高周波)治療」を取り入れている。

横浜甦生病院

瀬谷区瀬谷4の30の30

TEL:045-302-5001

http://seijinkai-yokohamakousei.jp/index.html

瀬谷区版のピックアップ(PR)最新6

しっかりとした介護体制のもと心のこもったケアサービスを提供する

安心と心地よさにつつまれて

しっかりとした介護体制のもと心のこもったケアサービスを提供する

6月20日〜30日 個別送迎付き見学(自宅から施設まで)

6月17日号

SDGsを身近に

子ども向けにアクアポニックス

SDGsを身近に

スポーツクラブNAS瀬谷

6月10日号

金・プラチナの買取強化

査定・宅配・出張無料の買取店わかば

金・プラチナの買取強化

タンスの奥に眠ったままの宝飾品など

6月3日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

横浜市 新型コロナウイルスワクチン接種特別号

横浜市 新型コロナウイルスワクチン接種特別号

編集協力:横浜市健康福祉局健康安全課

5月13日号

健康食品の買取強化

査定・宅配・出張無料の買取店わかば

健康食品の買取強化

「途中でやめてしまった」サプリなど

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter