瀬谷区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

(公社)横浜市獣医師会の会長に就任した 太田 雄一郎さん 港南区在住 65歳

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena

次の世代が活躍する会に

 ○…横浜市内の獣医師や市職員ら400人以上が所属する横浜市獣医師会。狂犬病予防接種の普及啓発や飼い猫の不妊去勢手術、学校飼育動物の訪問指導などの事業に取り組む。今回約30年振りの選挙によって会長職の重責を担うことになった。「ベテランの方の意見をもらいつつ、若い方にチャンスを与える会にしたい」と意気込みをみせる。

 ○…会として喫緊の課題に位置づけるのが、大規模災害時に家庭で飼育する動物をどのように避難させるのか。市は地域防災拠点に一時受け入れた後、市内に5つある動物救援センターに移すことを想定している。「しかし、市の南部には救援センターがないんです。有事には数多くのペットの避難が想定されており、動物愛護の観点からも南部にセンターを新設する必要がある」と力を込める。行政などへ設置要請を強める考えという。

 ○…生まれは川崎市。小学4年生の時、南区(現港南区)に移り、今に至るまで居住。40年ほど前に港南で開業した動物病院の院長でもある。動物に興味を持ったのは、中学生の時。捨て猫を飼うことでその生死に触れ、自然と獣医師を目指すようになっていったという。日々診療にあたっているなか、やりがいはやはり病気を治したとき。「飼い主はもちろんのこと、動物も笑顔を見せてくれるんですよ」と柔らかな表情となる。

 ○…祖父の「人のために尽くせ」という言葉が深く胸に刻まれている。獣医師として出来ることは、“動物を通じて社会貢献を果たしていくこと”との信条がある。「会としてまず、現在取り組んでいる事業を着実に進めていく考え。そのうえで少しずつ新たな獣医師会づくりをし、より良い形で次の世代にバトンタッチしていきたい」と目標を語った。

公明党横浜市議団

女性の生きづらさ解消へ支援 「生理の貧困」受け、市内で無料配布

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6

福崎 康平さん

5月に横浜・みなとみらいへ本社を移転したクックパッド(株)のJapan CEO

福崎 康平さん

西区在住 30歳

6月24日号

小泉 信義さん

瀬谷図書館の館長を務める

小泉 信義さん

旭区在住 60歳

6月17日号

増田 江利子さん

地域の高齢者が集う「そよ風サロン」の代表

増田 江利子さん

阿久和南在住 70歳

6月10日号

森 千佳さん

森のおさんぽ会を開く「TEAMドルフィン」の代表

森 千佳さん

相沢在住 47歳

6月3日号

松清 武夫さん

瀬谷区シニアクラブ連合会の会長に就任した

松清 武夫さん

本郷在住 80歳

5月27日号

安平 博さん

瀬谷消防署の署長に就任した

安平 博さん

二ツ橋町在勤 57歳

5月20日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter