瀬谷区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

よこはま西部ユースプラザ 二俣川駅近くに移転 利用者の利便性向上へ

社会

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena
利用を呼びかける池田施設長(左)とスタッフ
利用を呼びかける池田施設長(左)とスタッフ

 不登校やひきこもり状態にある若者の自立を支援する「よこはま西部ユースプラザ」(池田正則施設長)が7月29日(月)、保土ケ谷区から旭区の相鉄線二俣川駅近くに移転する。主な対象エリアとする保土ケ谷・旭・泉・瀬谷の4区のおよそ中央に移転したことで、利用者の利便性向上が期待される。

 地域ユースプラザは、おおむね15歳から39歳までの社会的自立を目指す人や家族を支援する施設。相談業務、不登校やひきこもり状態からの回復期にある人を対象にしたフリースペースの運営、社会体験プログラムの実施、各区における相談会・セミナーなどを行う。市内に4カ所あり、西部ユースプラザは2007年にオープン。NPO法人リロードが運営し、年間およそ70〜80人が登録・利用している。

 旧施設は保土ケ谷区天王町にあり、相鉄線天王町駅や星川駅から徒歩7〜10分の場所に位置する。移転先は、急行電車が停車する二俣川駅から徒歩約2分の二宮ビル3階(旭区二俣川1の2)。利用者が通いやすくなるほか、駅周辺には商業施設も多く、池田施設長は「電車で訪れた利用者が買い物したりお茶を飲んだり、社会との接点を持ちやすくなるはず」と期待する。また、社会体験や就労プログラムで連携する各種施設などにも足を運びやすくなるという。

 市の2017年度の調査によると、疾病や育児などを除き、ほとんど家から出ない状態が6カ月以上継続している15歳から39歳は市内に約1万5000人いると推計されている。池田施設長は「社会参加に困っていたり、どうすれば良いか分からず悩んでいるのであればご相談下さい。その人なりの人生を選び生きていく方法を一緒に考えます」と呼びかけている。

 移転日は29日。開所は月曜日から土曜日(午前11時〜午後7時)。移転に先駆けて7月26日(金)の午後1時から4時まで、だれでも見学できる内覧会を開く(申込不要)。問い合せは同プラザ【電話】045・744・8344。

駅近のビル3階に入る
駅近のビル3階に入る

瀬谷区版のトップニュース最新6

瀬谷区、普及へ独自補助

感震ブレーカー

瀬谷区、普及へ独自補助 社会

地震時の電気火災防止へ

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

パラ競泳の代表に内定

日向楓選手(区内在住)

パラ競泳の代表に内定 スポーツ

国内大会で日本新連発

6月3日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月3日号

団体・ダブルスで県頂点

横浜隼人高校女子卓球

団体・ダブルスで県頂点 スポーツ

個人も4選手が関東へ

5月27日号

21年度にホームドア設置

瀬谷駅

21年度にホームドア設置 社会

相模鉄道、安全向上図る

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter