瀬谷区版 掲載号:2019年8月29日号 エリアトップへ

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した 轟(とどろき) 淳次さん 三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

掲載号:2019年8月29日号

  • LINE
  • hatena

にじみ出る奉仕への愛

 ○…横浜、川崎市内に55ある「ロータリークラブ」(RC)の束ね役。RCに入会して27年になる中、奉仕活動は自分の肌に合っていたという。「準備やら、いろいろと大変だが、人が喜ぶ顔を見ると嬉しくて」と笑う。「原点を忘れずに挑戦〜入りて学び、出でて奉仕せよを実践しよう〜」をテーマに、奉仕活動の意義を広く説く。

 ○…一方で会員数の減少には頭を悩ます。現在、地区内会員数は約1900人。「私が入会してから会員数は1100人ほど減った。まずは2100人にすることが目標」と力を込める。ポイントの一つに女性会員の獲得の増強を挙げる。地区内の女性比率は9・3%。全国平均の6%を上回っているが、「15%にまで引き上げ、世界標準(25%)に近づけたい」とも意気込みを見せる。

 ○…本業は、タクシーメーターをはじめ、トラックやバスの計測器を販売、保守メンテナンスを行う三和矢崎サービス(株)の代表取締役会長。1967年に川崎区内に会社を設立した。東京生まれの「江戸っ子」で当時は、人脈もなかったが「人との出会いを大切にし、かゆい所に手が届くよう、動きながら社業を発展させてきた」と振り返る。

 ○…48歳の時、「そろそろ社会に恩返しを」と考えていた中、知人からRCの誘いを受けた。翌年、川崎マリーンロータリークラブの設立メンバーに名を連ねた。右も左も分からない中、近隣のロータリアンをもてなすチャーターナイトを任されたことが思い出だ。

 ○…かつては日本酒一升瓶を3本飲み干すほどの酒豪だったが「ガバナーを受けるのなら、体を壊すぞ」と先輩ガバナーから忠告されて以来、一切絶った。そのかいもあり、115kgあった体重は100キロを切ったという。妻と2人暮らし。

瀬谷区版の人物風土記最新6

石田 七瀬さん

瀬谷区薬剤師会の会長を務める

石田 七瀬さん

瀬谷在勤 63歳

2月13日号

那須 健二さん

(一社)横浜相撲甚句会の会長を務める

那須 健二さん

保土ケ谷区在住 79歳

2月6日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月30日号

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

神奈川区在住 37歳

1月23日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月1日号

名取 正暁さん

市消防局が制作した火災予防絵本の原作者で、予防部長の

名取 正暁さん

保土ケ谷区在住 57歳

12月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク