瀬谷区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

ふるさと民話の会 左馬社の歴史、紙芝居で 例大祭で初の試み

文化

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena
稲葉さん(中央)と同会のメンバーら
稲葉さん(中央)と同会のメンバーら

 瀬谷区橋戸の左馬頭源義朝を祀る左馬社の例大祭が9月に行われ、ふるさと民話の会(高梨茂夫代表)が同社の歴史を紙芝居で披露した。同社の歴史をまとめた紙芝居が例大祭で上演されたのは初。

 紙芝居は「さば社の独り言」と題し、境川付近にあったとされる同社が西福寺の隣にある理由や名前の由来などの歴史を伝えるもの。例大祭当日は来場者が紙芝居の絵を見やすいようにと、プロジェクターに投影して披露した。左馬社世話人会は「地域の方に左馬社の歴史を知ってもらう良い機会だった。来年もお願いしたい」と話す。

「民話や伝承広めたい」

 瀬谷の民話や伝承を、紙芝居を通して地域に広めたいと2007年に発足した「ふるさと民話の会」。作画を担当する高梨代表を中心に約15人が所属している。これまでに同会が手掛けた紙芝居は童話を題材にしたものも含め20作品以上となる。

 「さば社の独り言」は17年から制作が始まり、今年完成した。同会事務局の稲葉勤さんは「地元に古くから伝わるものを形に残してくれないかと、住民の皆様から話があったのが始まりでした」と制作のきっかけを話す。また「地元の方や西福寺の住職の方にも協力いただき、紙芝居の構想にとても時間をかけました。何度も作っては意見をもらい修正の繰り返しでした」と振り返った。高梨代表による作画は、今年に入ってから取り組んだという。

 区内の小学校や老人会などでも紙芝居を披露している同会。当日の来場者からは「知らなかった」「勉強になった」と声があがり、手ごたえを掴んだという。稲葉さんは「今後も定期的に公演ができればと思っている。また新作を作っていかなければ」と笑顔を見せた。

瀬谷区版のトップニュース最新6

コロナ対策との両立を

熱中症予防

コロナ対策との両立を 社会

消防、注意呼びかけ

7月2日号

医療体制拡充に56億円

横浜市

医療体制拡充に56億円 政治

コロナ第2、3波に備え

7月2日号

県民功労者に選出

川口恭正さん(本郷)

県民功労者に選出 社会

地域の交通安全に尽力

6月25日号

風水害への備え促す

瀬谷区

風水害への備え促す 社会

リーフレットを全戸配布

6月25日号

地元団地の魅力発信

阿久和小児童

地元団地の魅力発信 社会

独自のリーフレット作成

6月18日号

七夕灯篭祭りが中止に

七夕灯篭祭りが中止に 文化

コロナの影響、12年目で初

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

    連載

    地名で読み解く瀬谷の埋もれた歴史

    〜『瀬谷区の歴史地名ガイドマップ』をもとに〜第3回 住居表示の新制度で瀬谷から『字(あざ)』が消えた文/横浜・瀬谷地図くらぶ 田中常義

    6月25日号

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク