瀬谷区版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

横浜隼人高校 女子バレー部が「春高」へ 部員一丸で大舞台に挑む

スポーツ

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
「全力で戦います」と誓う横浜隼人高校女子バレー部の部員ら
「全力で戦います」と誓う横浜隼人高校女子バレー部の部員ら

 横浜隼人高校の女子バレーボール部(佐藤喜一郎監督)が、昨年11月の「全日本バレーボール高等学校選手権大会」の神奈川県予選で準優勝し、1月5日(日)から開催される全国大会に出場する。

 今回出場するチームは2018年11月に始動。1年生から3年生までの部員33人をまとめる部長の美島緑選手(3年)は「最初は個性が強くまとまらなかったけど、練習や試合を通して一つになってきました」と話す。佐藤監督はチームについて「突出した選手はいないものの、全員が主力のつもりで点を取り、守る”全員バレー”を掲げている」と話す。また、ビーチバレーの全国大会で準優勝した経験も持つキャプテンの福田鈴菜選手(3年)らが、チームの精神的な支えになっているという。

 上位2チームが全国に進める県予選。代表決定戦となる準決勝では、相原高校(相模原市)と対戦。第1セットを奪うも、第2セットはミスが目立ち落とした。運命の第3セットはサーブから流れを引き寄せ、全国切符を掴んだ。決勝戦は橘高校(川崎市)に敗れ、準優勝となった。

「感謝忘れず全力で」

 横浜隼人の女子バレー部が、11年1月から毎年行われている同大会に出場するのは初。前身の全国高等学校バレーボール選抜優勝大会も含めると16年ぶりの出場となる。初戦は16年前と同じ古川学園(宮城県)だ。「前回は負けたが今回は負けない。楽しんでバレーが出来れば結果が伴ってくる」と佐藤監督。福田選手は「周囲の支えがあってこの大舞台に立てることを忘れずに、全力で戦います」と誓った。
 

瀬谷区版のトップニュース最新6

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

3年ぶりに開催へ

瀬谷フェス

3年ぶりに開催へ 社会

ピクニックエリアを新設

6月23日号

環境アセスで説明会

国際園芸博覧会

環境アセスで説明会 社会

渋滞など懸念する声も

6月16日号

国交省から表彰

瀬谷駅南口第1地区再開発

国交省から表彰 社会

街づくりの功績で

6月16日号

ごみ拾いとゲームで競技

ごみ拾いとゲームで競技 スポーツ

瀬谷西高で21日に大会

6月9日号

網代さんが会長就任

市町内会連合会

網代さんが会長就任 社会

若者世代との交流図る

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook