瀬谷区版 掲載号:2020年1月9日号 エリアトップへ

小規模多機能オリーブ 「やさしい介護」で市表彰 自立支援の取り組み評価

社会

掲載号:2020年1月9日号

  • LINE
  • hatena
受賞を喜ぶ吉田さん(前列中央)とスタッフ、アイシマの相澤剛副社長(前列右から2人目)
受賞を喜ぶ吉田さん(前列中央)とスタッフ、アイシマの相澤剛副社長(前列右から2人目)

 要介護者の自立支援を推進する横浜市の「みんなにやさしい介護のプロを目指すプロジェクト」の2019年度表彰事業所がこのほど発表され、瀬谷区からは小規模多機能型居宅介護事業所オリーブ(三ツ境/吉田香子管理者)が選ばれた。施設の利用者が地域の講習会で講師を務めたり、利用者の笑顔を探す「にやりほっと」などの取り組みが高く評価された。

 同プロジェクトは、高齢者が自立した自分らしい生活を送れるようにすることで、家族の介護負担を減らすとともに、介護従事者のモチベーションアップや、施設の人材確保につなげる狙い。制度開始2年目の今年度は、「地域密着型通所介護」と「小規模多機能型居宅介護・看護小規模多機能型居宅介護」の2部門で実施。書類審査と実地確認で、自立支援に積極的な27事業所が認証され、そのうち多彩な取り組みで実績を上げているとしてオリーブを含む19事業所が表彰された。表彰式は12月24日に関内ホールで行われた。

 (株)アイシマ(本社/三ツ境)が運営するオリーブは2008年に開所。「通い」「訪問」「宿泊」の介護サービスが利用でき、現在は29人が利用している。

 自立支援につながるとして評価された点が、利用者有志が講習会などの講師を務めていることだ。消防署向けの人権啓発研修では利用者自ら、「丸い手すりはつかみやすいけれど、楕円形のものは持ちにくい」「火災が起きたら準備体操せずに、階段での避難は難しい」などと説明。災害時要援護者に関する避難所体験会では、オリーブ独自の下肢体操をスタッフと実演した。講師を務めることで、地域との接点を持ち続けることができるという。

 「にやりほっと」は県内有料老人ホームの事例を参考にした取り組み。職員が利用者との関わり合いで「にやり」とした心温まるエピソードを紙に書いて、専用の箱に投函して情報を共有する。1年ほど前に始め、これまでに700を超える数が集まった。仕事のやりがいが増し、利用者とのコミュニケーションも深まったという。

 管理者の吉田さんは表彰について、「これまでの取り組みを振り返り、今後の目標を考える良い機会になりました」と話し、「これからも利用者の方々の『にやり』や『楽しい』という気持ちを、スタッフ全員で見つけていきたいです」と意気込んだ。

瀬谷区版のトップニュース最新6

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

30年以上無事故で表彰

平野靜男さん(南台在住)

30年以上無事故で表彰 社会

「絶対に急がない」運転を

10月22日号

地域クイズを独自発行

瀬谷第一地区連合町内会

地域クイズを独自発行 社会

コロナ禍の交流に一役

10月15日号

漫才と歌で詐欺撃退

漫才と歌で詐欺撃退 社会

警察や区、動画を配信

10月15日号

「おもてなし」再開

せやまるサポーター

「おもてなし」再開 コミュニティ社会

区庁舎案内、半年ぶりに

10月8日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク