瀬谷区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る 「カジノなしでも人は来る」 IRと横浜

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena
講演会で米国のカジノ事情などを語る村尾さん
講演会で米国のカジノ事情などを語る村尾さん

 横浜へのカジノを含むIR(統合型リゾート)誘致に反対する市民団体「カジノを考える市民フォーラム」が昨年12月、米国でカジノルームの設計や内装などを手掛ける建築デザイナーの村尾武洋さん(52)を招き、講演会を開いた。この中で村尾さんは「カジノがなくても横浜に人は来る」と語った。

 村尾さんはニューヨーク在住。米国で2004年から約25カ所のカジノルームの内装などを手掛けてきた。横浜市のIR誘致方針が明らかになった昨年夏、横浜港運協会の藤木幸夫会長が誘致反対の意思を明確に表明した会見をYouTubeで目にした。「藤木会長に一言伝えたかった」と手紙を書き、それがきっかけで今回の講演会につながった。

 村尾さんは

「最初の仕事で4億円の内装を依頼され、1年かけて作ったが、『6週間で元が取れた』と依頼主から言われた」という。「すぐ元が取れるのは、負ける人が多くいるということ」と述べた。

「金を落とす」仕掛け

 カジノルームのデザインは「時間が分かると賭ける熱が冷めてしまうので、時計は置かず、窓も作らない。照明は夕方5時から7時くらいの明るさにする」と明かした。さらに、賭けに集中してもらえるように、休憩用の椅子は置かず、出口を見えづらくするなどの設計方針があるという。

 米国のIRはカジノのそばを通って劇場やホテルに行く動線にしており、「(カジノに入れない)21歳未満の人にも目に触れさせるようにし、カジノに行く次の世代を育成している」という。加えて、カジノとホテルがセットになっていることが、売買春の温床になっているとも語った。

 米国ではカジノ産業が衰退傾向で、事業者が新たなマーケットとして日本に目を向け始めているという。「街や道がきれいな横浜にはカジノがなくても人は来る」とした上で「本来、カジノを入れないとIRが成り立たないというのはおかしい」と横浜市の姿勢に疑問を投げ掛けた。最後は「カジノがなければそれに越したことはなく、日本には必要ないものだ」とまとめた。
 

瀬谷区版のコラム最新6

瀬谷の生き物だより148

キアゲハ 文:清水道夫(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより148

5月19日号

瀬谷の生き物だより 147

コチドリ文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより 147

4月21日号

太陽光で命を守る

SDGs瀬谷区から未来を考えるvol.7

太陽光で命を守る

高齢者施設 愛成苑

4月21日号

生ごみを肥料に

SDGs瀬谷区から未来を考えるvol.6

生ごみを肥料に

高齢者施設オリーブ

3月24日号

瀬谷の生き物だより 146

キセキレイ文:今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより 146

3月17日号

瀬谷の生き物だより 145

アリスイ文::今野紀昭(瀬谷環境ネット)写真:中村多加夫(同)

瀬谷の生き物だより 145

2月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook