瀬谷区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

第4回定例会で一般質問(2) 市政報告【7】 災害ボランティアの迅速な受け入れへ 横浜市会議員 久保かずひろ

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena

 25年前の1月17日、阪神淡路大震災が発生し、近畿の広域に甚大な被害をもたらしました。この震災をきっかけとして、広がりを見せたのが「災害ボランティア」です。私も当時神戸に住んでおり、ボランティア活動した経験があります。

 ボランティアと被災者を繋ぎ、スムーズで効果的な支援につなげる役割を担うのが「災害ボランティアセンター」です。しかし、昨年9月の台風15号では大きな被害を受けた金沢区の工業団地において、他都市の団体が活動を行おうとした際、現地との調整に苦慮したそうです。この点を12月の市会の一般質問で取り上げたところ、林市長からは「被害が局地的で当初はボランティアの受け入れを想定しておらず、社会福祉協議会などとの調整に時間を要した」「今後は被害状況や被災者のニーズに応じ、迅速に開設できるよう関係各所と調整していく」との答弁がありました。

 センター開設にあたっては、ボランティアの方々に対し、被災状況やセンター設置を速やかに伝えることも重要であり、この点も市に要望。今後はより迅速に、市と区役所のトップページ、市社会福祉協議会のホームページに情報掲載し、受け入れ情報を発信することになりました。

児童虐待の防止を

 全国各地で、虐待により子どもが亡くなる痛ましい事件が絶えません。昨年9月に中央児童相談所を視察し強く感じたのは、高度な専門性が求められる「児童福祉司」の人材育成の重要性です。市では現在、法定研修や司法・医学・面接技術などの実践的な研修、外部の専門機関への派遣などを行っています。一般質問では人材育成の更なる充実を求めました。

 虐待を防ぐには児童相談所や行政、学校などの連携も欠かせません。国は令和4年度までに各市町村に対し、子どもや家庭に関する相談対応、支援機関とのコーディネートなどを行う「子ども家庭総合支援拠点」の設置を求めています。市では、各区役所の機能強化を図ることによる拠点設置に向けて、検討を進めているとのことです。

一般質問の様子
一般質問の様子

横浜市会議員 久保 かずひろ

市会控室

TEL:045-671-3023

https://www.k-kubo.yokohama/

瀬谷区版の意見広告・議会報告最新6

次世代に繋ぐ桜再生プロジェクト【2】

旧上瀬谷通信施設跡地を有効活用 市政報告㉕

次世代に繋ぐ桜再生プロジェクト【2】

自由民主党 横浜市会議員 川口ひろ

5月26日号

皆さまの声を、政策でカタチに!

小さな声を、聴く力! 【令和4年度予算審議(都市整備局)より】 市政報告㉟

皆さまの声を、政策でカタチに!

横浜市会議員 久保かずひろ

5月12日号

皆さまの声を、議会でカタチに!

小さな声を、聴く力! 【令和4年度予算審議(道路局)より】 市政報告㉞

皆さまの声を、議会でカタチに!

横浜市会議員 久保かずひろ

4月14日号

次世代に繋ぐ桜再生プロジェクトを提案

海軍道路北側のソメイヨシノ 市政報告㉔

次世代に繋ぐ桜再生プロジェクトを提案

自由民主党 横浜市会議員 川口ひろ

4月7日号

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

進化する中学校給食

公明党横浜市議団市政報告

進化する中学校給食

3月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook