瀬谷区版 掲載号:2020年1月30日号 エリアトップへ

瀬谷区の19年火災件数 過去最少の16件 放火減少が要因に

社会

掲載号:2020年1月30日号

  • LINE
  • hatena

 瀬谷区における2019年の火災発生件数(速報値)がこのほどまとまり、1969年の区制施行以降で最も少ない16件だった。放火(疑い含む)が18年から4件減ったことが要因で、瀬谷消防署では地域住民らによる見守り活動などが奏功したとみている。

 同署予防課によると、19年の出火原因はこんろと放火(疑い含む)がともに3件で、マッチ・ライター(2件)、風呂かまど(1件)、配線器具(同)と続く。火災種別は建物9件、車両2件、ゴミなどその他が5件だった。負傷者数は18年から1人減の6人。死者数は、阿久和東の火災で亡くなった2人だった。

 放火は17年が28件と多かったものの、18年に7件と大きく減り、19年は3件だった。減少した要因について同課は、見守り活動など地域における「自助」の効果を強調。「地域の厳しい目が抑止になります。火災を防ぐだけでなく、防犯にもつながります」と職員は説明する。また、夜間にゴミ出しをしないなど、狙われにくい環境づくりも重要だという。

予防を呼びかけ

 冬は空気の乾燥や、暖房機器の使用などによって火災が多い。同署では予防方法として、コンセント周りの清掃や、グリルの受け皿に油を溜めないことなどを挙げる。また、火種が残ったまま吸い殻を捨てて火災になることもあるとして、灰皿の燃え残りを無くすよう呼びかける。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

2年ぶりの開催へ

瀬谷オープンガーデン

2年ぶりの開催へ 社会

区HPで会場紹介も

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

障がい者の読書推進へ

瀬谷区

障がい者の読書推進へ 社会

LLブックなどを貸出

4月1日号

3年間の集大成で県2位

SIF

3年間の集大成で県2位 スポーツ

強豪揃う大会で快進撃

4月1日号

移動販売で買い物支援へ

イオンフードスタイル三ツ境店

移動販売で買い物支援へ コミュニティ社会

交流や見守りにも一役

3月25日号

手形アートで気運醸成

国際園芸博覧会

手形アートで気運醸成 社会

児童らが大輪の花表現

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク