瀬谷区版 掲載号:2020年1月30日号 エリアトップへ

瀬谷区の19年火災件数 過去最少の16件 放火減少が要因に

社会

掲載号:2020年1月30日号

  • LINE
  • hatena

 瀬谷区における2019年の火災発生件数(速報値)がこのほどまとまり、1969年の区制施行以降で最も少ない16件だった。放火(疑い含む)が18年から4件減ったことが要因で、瀬谷消防署では地域住民らによる見守り活動などが奏功したとみている。

 同署予防課によると、19年の出火原因はこんろと放火(疑い含む)がともに3件で、マッチ・ライター(2件)、風呂かまど(1件)、配線器具(同)と続く。火災種別は建物9件、車両2件、ゴミなどその他が5件だった。負傷者数は18年から1人減の6人。死者数は、阿久和東の火災で亡くなった2人だった。

 放火は17年が28件と多かったものの、18年に7件と大きく減り、19年は3件だった。減少した要因について同課は、見守り活動など地域における「自助」の効果を強調。「地域の厳しい目が抑止になります。火災を防ぐだけでなく、防犯にもつながります」と職員は説明する。また、夜間にゴミ出しをしないなど、狙われにくい環境づくりも重要だという。

予防を呼びかけ

 冬は空気の乾燥や、暖房機器の使用などによって火災が多い。同署では予防方法として、コンセント周りの清掃や、グリルの受け皿に油を溜めないことなどを挙げる。また、火種が残ったまま吸い殻を捨てて火災になることもあるとして、灰皿の燃え残りを無くすよう呼びかける。

瀬谷区版のトップニュース最新6

地元で初のコンサート

林直樹さん(三ツ境)

地元で初のコンサート 文化

“ファン”が開催実現に尽力

5月26日号

創立40周年でイベント

下瀬谷中学校

創立40周年でイベント 社会

体育祭でロゴマーク披露

5月26日号

初の全国大会出場へ

横浜隼人中野球部

初の全国大会出場へ スポーツ

市春季大会で初優勝

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

河川功労者表彰を受賞

二ツ橋水辺愛護会

河川功労者表彰を受賞 社会

20年以上の活動を評価

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

  • 1月20日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook