瀬谷区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

西福寺(橋戸) 茶筅に感謝込め供養 コロナ禍で規模縮小

文化

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena
備前住職(右)と茶筅をくべる参列者
備前住職(右)と茶筅をくべる参列者

 区内橋戸にある西福寺が4月29日、古くなり使わなくなった茶道具を供養する茶筅(ちゃせん)供養を執り行った。例年行われている行事で、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、規模を縮小した形で実施された。

 茶筅供養は抹茶を点てる茶筅などの道具に感謝を込めて供養する法要のこと。神奈川県内では平間寺(川崎市)や建長寺(鎌倉市)などで行われている。西福寺では毎年、昭和の日である4月29日に実施しており、例年200人近くが参加している。同寺の備前恭忍(きょうにん)住職によると、区内で茶筅供養を執り行っているのは西福寺のみという。

 今年は新型コロナウイルス感染症の影響で縮小した形で進められ、地元住人など約10人が参列。当日に持ち寄られた茶筅は30本ほどで、備前住職に見守られながら参列者が茶筅や茶杓をくべた。備前住職は「茶筅は竹からできており、命をいただいて使わせてもらっているもの。感謝の気持ちを込め、還している」と話した。

瀬谷に茶筅塚を

 今年で29回目を迎えた同寺の茶筅供養。三ツ境で茶道教室を開いていた故長嶋宗(そう)秀(しゅう)さんに、備前住職の妻・宗里(そうり)さんが師事していたことから「瀬谷区にも茶筅塚を作ってほしい」と依頼されたのがきっかけだったという。宗里さんは「ほそぼそと続いてきた行事の一つ。来年はお茶会なども開き、今後も続けていけたら」と語った。同寺は茶筅供養同様に、文化の日である11月3日に筆供養も執り行っている。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

瀬谷図書館に電子雑誌

瀬谷図書館に電子雑誌 文化

端末貸し出し、体験促す

7月9日号

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 社会

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

コロナ対策との両立を

熱中症予防

コロナ対策との両立を 社会

消防、注意呼びかけ

7月2日号

医療体制拡充に56億円

横浜市

医療体制拡充に56億円 政治

コロナ第2、3波に備え

7月2日号

県民功労者に選出

川口恭正さん(本郷)

県民功労者に選出 社会

地域の交通安全に尽力

6月25日号

風水害への備え促す

瀬谷区

風水害への備え促す 社会

リーフレットを全戸配布

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク