瀬谷区版 掲載号:2020年7月2日号 エリアトップへ

横浜市 「省プラ生活」発信 企業製品などSNSに

社会

掲載号:2020年7月2日号

  • LINE
  • hatena
「ヨコハマ省プラスタイル」のフェイスブックページ
「ヨコハマ省プラスタイル」のフェイスブックページ

 プラスチックごみによる海洋汚染が世界規模で深刻化していることを受けて、「よこはまプラスチック資源循環アクションプログラム」に基づき対策を推進している横浜市が、プラごみ削減につながる企業の取り組みや製品などをSNS上で発信している。

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴う外出自粛により、家の片づけやテイクアウト商品の利用が増えたことから、プラスチックごみは増加傾向にある。経済活動が再開され、日常生活が戻りつつあるが、市資源循環局ではこれを機に日々の暮らしと環境問題を考え、「省プラ」をライフスタイルに取り入れてもうきっかけになればと、フェイスブックページ「ヨコハマ省プラスタイル」を開設した。

 焼却時の温室効果ガス排出や、海洋汚染につながるといった問題が指摘されているプラスチックごみ。メーカーや販売業者は、紙や木などの代替素材を使った商品や再生プラスチックを有効活用した製品などの開発・販売を加速させている。

 専用ページには、100%リサイクルのペットボトル、デザイン性に富んだマイバッグ、バイオマスプラスチック製のレジ袋など、プラごみ削減につながる企業の製品や取り組みが掲載されている。市ではこれらを市民に周知することで、「省プラスチックなライフスタイル」の普及につなげていきたい考えだ。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

ライブゲート瀬谷、遂に完成

ライブゲート瀬谷、遂に完成 経済

来年3月には区民文化センターも開館

9月16日号

「瀬谷の風景」37点を展示

「瀬谷の風景」37点を展示 文化

区民活動センター

9月16日号

瀬谷区新拠点への期待

瀬谷区新拠点への期待 社会

瀬谷区長 植木 八千代

9月16日号

末永く輝くシンボルへ

末永く輝くシンボルへ 社会

瀬谷区連合町内会自治会連絡協議会会長 網代 宗四郎

9月16日号

瀬谷区の文化振興の地に

瀬谷区の文化振興の地に 社会

瀬谷区文化協会 会長 小川 肇

9月16日号

夢実現に”感謝”

40年近い再開発構想 History

夢実現に”感謝” 社会

川口理事長にインタビュー

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook