瀬谷区版 掲載号:2020年7月30日号 エリアトップへ

子ども食堂を支援へ 区商連の弁当配布

社会

掲載号:2020年7月30日号

  • LINE
  • hatena
ラッキーのスタッフが弁当を手渡した
ラッキーのスタッフが弁当を手渡した

 瀬谷区商店街連合会(伊藤吉治会長)の活性化委員会が企業や店舗向けに行うデリバリーサービス「せーやーいーつ」の弁当が6月末から7月にかけて、区内の子ども食堂で配られた。コロナ禍で始まった、子どもの食を支援する全国プロジェクトの一環だ。

 全国プロジェクトの一環で

 「子どもの食緊急支援プロジェクト」と銘打たれた取り組み。新型コロナウイルス感染症の影響により、子ども食堂などの活動が全国的に止まる中、サポートが必要な児童などに食事を提供するというもの。実業家や学者などがプロジェクトを立ち上げて寄付金を募り、全国各地の児童家庭支援センターを通じて、支援が展開されている。

 瀬谷区では児童家庭支援センターうぃずが、「せーやーいーつ」と区内の子ども食堂をつなぐ役割を担った。せーやーいーつは、区商連加盟の飲食店の弁当を区内の事業主や施設などに配達するサービスで、コロナ禍のなか始まった。今回の取り組みでは、6月29日と7月20日に南台の「こども食堂ラッキー」へ、7月1日と15日に「下瀬谷こども食堂」へ弁当を届けた。

 7月20日に用意された弁当はガッパオハンバーグ、うどん、カレー、天津丼と多彩。配布開始前から親子連れが行列を作り、60人以上が訪れる盛況ぶりだった。3歳の子どもと訪れた母親は、「子どもも小さく今は外に食べにいけないので、美味しいお弁当をいただくことができ嬉しい。地域のお店を知ることもできました」と喜んでいた。活性化委員会の川口健太委員長は「子どもたちが笑顔で帰ってくれるので良かった」と手ごたえを感じていた。

瀬谷区版のトップニュース最新6

広報誌、節目の100号

宮沢の森愛護会

広報誌、節目の100号 社会

発足27年で達成

7月22日号

市が環境アセス説明会

旧上瀬谷通信施設

市が環境アセス説明会 社会

区画整理と公園整備で

7月22日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月15日号

クイズで楽しく防災学習

瀬谷消防署火災予防協会

クイズで楽しく防災学習 教育

園児にパネル贈る

7月15日号

単独で挑む最後の夏

瀬谷西野球部

単独で挑む最後の夏 スポーツ

小川主将「恥じない戦いを」

7月8日号

浸水被害軽減へ整備進む

相沢第二雨水幹線

浸水被害軽減へ整備進む 社会

21年度末に全線供用へ

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter