瀬谷区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

土砂災害特別警戒区域 区内25カ所が該当 県、調査結果を公表

社会

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena
レッドゾーンに該当したがけ地(宮沢)
レッドゾーンに該当したがけ地(宮沢)

 神奈川県が進めてきた土砂災害特別警戒区域の基礎調査結果がこのほど発表され、瀬谷区内25カ所が該当した。県では今後、個別の説明や横浜市への意見照会などを行い、2020年度中に正式に区域指定する予定。

 この取り組みは01年に施行された土砂災害防止法に基づくもの。土砂災害の恐れがある「土砂災害警戒区域」(イエローゾーン)と、同ゾーンのうち建物損壊や住民に大きな被害が出る可能性のある「土砂災害特別警戒区域」(レッドゾーン)の調査・指定が定められている。レッドゾーンでは、宅地分譲や要配慮者利用施設の建築に伴う開発行為が許可制になったり、建築物の構造規制などが行われる。

 市内のがけ地では13年度までにイエローゾーンの指定が完了。レッドゾーンについても調査・指定が進められており、南区や磯子区など5区は完了している。

 基礎調査結果によると、区内でレッドゾーンに該当したのはイエローゾーン37カ所のうち25カ所だった。阿久和南や宮沢、下瀬谷などに点在しており、和泉川の関ケ原の水辺近くのがけ地なども含まれている。

20年度内に指定か

 調査結果の発表後は住民説明会が予定されていたが、新型コロナウイルスの拡大防止で中止に。県では関係者など個別に説明していく考えだ。指定は今年度中の見通し。

 レッドゾーンなどの区域案は専用サイト「神奈川県土砂災害情報ポータル」で確認できる。県急傾斜地グループの職員は「身近な場所に、がけ崩れなどの危険が無いか把握してもらえれば。災害時は行政などが発信する防災情報に注意を払って欲しい」と呼びかける。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.k-kubo.yokohama/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6

2年ぶりの開催へ

瀬谷オープンガーデン

2年ぶりの開催へ 社会

区HPで会場紹介も

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

障がい者の読書推進へ

瀬谷区

障がい者の読書推進へ 社会

LLブックなどを貸出

4月1日号

3年間の集大成で県2位

SIF

3年間の集大成で県2位 スポーツ

強豪揃う大会で快進撃

4月1日号

移動販売で買い物支援へ

イオンフードスタイル三ツ境店

移動販売で買い物支援へ コミュニティ社会

交流や見守りにも一役

3月25日号

手形アートで気運醸成

国際園芸博覧会

手形アートで気運醸成 社会

児童らが大輪の花表現

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク