瀬谷区版 掲載号:2020年9月24日号 エリアトップへ

区民グループ 「音楽文化、前に進めよう」 行事でウィズコロナ模索

文化

掲載号:2020年9月24日号

  • LINE
  • hatena
終盤にはピアノ連弾も
終盤にはピアノ連弾も

 区民らで構成される「”音楽のまちSEYA”実行委員会」(志村紀美江実行委員長)が今月19日、コロナ禍で様々な活動が制限されるなか、音楽文化を前に進めようというピアノコンサートを瀬谷公会堂で開いた。関係者のトークセッションもあり、約200人の来場者とともに、これからの音楽の在り方などを考えた。

 同委員会は音楽を通じた地域活性化を目指して2019年に結成され、年末には区民合唱団の第九コンサートを開催。今年も12月に区民参加型の合唱コンサートを行う計画だったが、感染拡大防止のためオーケストラとピアノの演奏会に変更することになった。

 音楽文化を前に進めるトライアル公演と銘打った19日のコンサート。密集しないよう観客席の間隔をあけて行われ、満員の約200人が訪れた。冒頭では、ピアニスト小介川淳子さんが演奏。難聴が始まった頃のベートーベンが作曲したという「悲愴」を披露し、「葛藤や苦しみのなかに希望の光を感じさせる曲。今の時代にも通じるものがある」と話した。

 「これからの音楽活動Withコロナ」と題したトークセッションは、国内外で活躍する指揮者の奥村伸樹さん、小介川さん、公会堂の運営業務責任者の車秀徳さん、志村委員長の4人が参加。行事開催に伴う規制が段階的に解除される一方、コロナ前のように純粋にコンサートを楽しめる「心の解除」が難しいとの意見があった。また、奥村さんは、ペストの流行期にニュートンが万有引力を発見したという史実や、テレワークがコロナ禍で急速に普及した事例などを取り上げて、「今の状況は悲しいことではあるが、変化するチャンスでもある」と前向きに考えて行動しようと観客に呼びかけた。

 コンサートを訪れた70代の女性は、「久しぶりに生の演奏を聴けて心が洗われる思い」と喜び、「辛い時こそ新しいものが生まれるし、明るい未来が待っているんだと思いました」と話した。
 

瀬谷区版のトップニュース最新6

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

30年以上無事故で表彰

平野靜男さん(南台在住)

30年以上無事故で表彰 社会

「絶対に急がない」運転を

10月22日号

地域クイズを独自発行

瀬谷第一地区連合町内会

地域クイズを独自発行 社会

コロナ禍の交流に一役

10月15日号

漫才と歌で詐欺撃退

漫才と歌で詐欺撃退 社会

警察や区、動画を配信

10月15日号

「おもてなし」再開

せやまるサポーター

「おもてなし」再開 コミュニティ社会

区庁舎案内、半年ぶりに

10月8日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク