瀬谷区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

五輪へ、テロ対応を検討 関係機関が図上形式で

社会

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
図を基に、災害対応を話し合う参加者ら
図を基に、災害対応を話し合う参加者ら

 来年の東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた、テロ災害の合同対策検討会が11月12日に瀬谷消防署で開催。警察や消防など関係機関が、集客施設でテロが発生した際の対応などを確認し合った。

 参加したのは相模鉄道(株)、瀬谷公会堂、瀬谷警察署、瀬谷区役所、瀬谷消防署、旭消防署の南本宿特殊災害対応隊の6機関。テロ災害への対応力向上と連携強化を図る狙い。昨年は瀬谷駅の北口駅前広場で実地訓練を行ったが、今年はコロナ禍を受けて、図上の検討会形式となった。

 この日は、三ツ境駅と瀬谷公会堂でのテロ発生を想定。同駅では化学物質が疑われる不審物が撒かれたという状況を受けて、立ち入り禁止区域の設定や避難場所確保などを確認した。瀬谷公会堂の想定は行事開催中に、「爆発物を仕掛けた」と叫ぶ不審者が凶器を持ち乱入してきたというもの。観客の安全確保のためには最初の避難導線が重要だとして、参加機関が意見を交わした。

 講評で警察署の警備課長は「各機関の活動内容の共有や課題の抽出など活発な意見交換ができた」と振り返りながら、「今後もこのような機会を継続するとともに、エア訓練なども実施したい」と展望を語った。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

愛情注いだ花々巡って

瀬谷オープンガーデン

愛情注いだ花々巡って 社会

個人宅や公園など会場に

4月22日号

市民から写真を募集

瀬谷区民活動センター

市民から写真を募集 社会

ミニギャラリーに展示

4月22日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月22日号

アフリカの現代アート

アフリカの現代アート 文化

日本大通りで原画展

4月22日号

異文化交流の支援を

異文化交流の支援を 社会

市が補助金公募開始

4月22日号

『RareA』に新ページ

『RareA』に新ページ 社会

茅ヶ崎情報「#ちがすき」

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter