瀬谷区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

ボラだより、創刊100号 支援の架け橋担い16年超

社会

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
紙面を持つ門脇さん(中央)と野村さん(右)。前川さんが手にするのが、「ぼらん」と「てぃあ」
紙面を持つ門脇さん(中央)と野村さん(右)。前川さんが手にするのが、「ぼらん」と「てぃあ」

 瀬谷区社会福祉協議会のボランティアセンターが隔月発行する「ボラだより」がこのほど100号を迎えた。募集や講座案内、活動紹介が盛り込まれ、ボランティアをしたい人と支援が必要な人の架け橋になっている。

 ボラだよりは、センターに登録している個人・団体への情報紙として、2004年5月に創刊。当時はA4サイズ・モノクロ印刷のシンプルな紙面で、10年にA3フルカラーに移行した。現在の発行部数は1800部で、登録個人・団体に加えて、公共施設や一部飲食店などにも置かれている。

 紙面の主な内容は、ボランティア募集だ。イベントの手伝い、子どもの見守りや学習サポート、障がい者支援など様々な情報を掲載している。先月発行の100号では特別企画として、ボランティアの声を紹介。活動の契機や心に残っている出来事をアンケート調査したもので、「地域へのお礼、恩返しが出来る事をしたいと思いました」「感謝された時の笑顔が印象に残っています」といった声が寄せられた。

読みやすさ重視

 紙面はセンターの門脇明日美さん、前川深雪さん、野村えり子さんの3人が編集。こだわっている点が読みやすさ。 登録者には高齢の人も多く、文字を大きくしたり、視認性の良い色を使うよう工夫している。文章だけにならないようイラストなども活用。前川さんが昨年に考案したマスコットキャラクター「ぼらん」と「てぃあ」が、季節に合わせた装いで紙面に登場している。

 100号の節目に野村さんは「読みやすく、目にとまる紙面を作っていければ」とコメント。編集に携わり3年目という前川さんは「先輩方が培ってきたものを絶やさないよう、これからも頑張っていきたい」と気を引き締める。門脇さんは「例えば、ぼらんとてぃあが取材に行くような形式にしたり、今後も新しい可能性を模索していきたい」と更なる充実に意欲を見せている。

瀬谷区版のトップニュース最新6

かながわブランドに登録

横浜瀬谷うど

かながわブランドに登録 社会

跡地返還で栽培方法模索

4月22日号

本多選手(東野)、五輪へ

本多選手(東野)、五輪へ スポーツ

水泳日本選手権で優勝

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

全柔連から表彰

柔道場善道館

全柔連から表彰 スポーツ

子どもへの普及に尽力

4月15日号

2年ぶりの開催へ

瀬谷オープンガーデン

2年ぶりの開催へ 社会

区HPで会場紹介も

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter