瀬谷区版 掲載号:2020年12月24日号 エリアトップへ

瀬谷区文化協会が主催した花づくりの体験講座の講師を務めた 高橋 トミさん 三ツ境在住 79歳

掲載号:2020年12月24日号

  • LINE
  • hatena

可憐な花に癒されて

 ○…新型コロナの影響で中止となった文化祭の代替で企画された、花づくり体験講座。受講者に「楽しんで活けて」「空間を大切に」などと呼びかけながら指導した。「可憐で癒やされる」という花の魅力が多くの人に伝わるようにと、普及に努める日々。池坊華道の指導者としても約45年活動しており、花に対する愛情を持つことを弟子たちに強く訴えてきた。

 ○…栃木県の出身。華道は親に勧められて中学時代から習っていたが、当時は熱中することはなかったという。転機は、結婚して移り住んだ瀬谷区で、長嶋翠玉さんに師事したこと。知識や技術は勿論、人間としてどう振る舞うべきか多くのことを教わったという。「7人兄弟の末っ子だから、当時は我がままで。先生に出会えて人生が変わったの」。半世紀にわたり華道を続け、池坊横浜靄生(あいせい)会支部長や横浜華道協会理事などを務める今でも、変わらぬ敬愛の念を抱いている。

 ○…「とにかく良い人だったの」と懐かしむのは、2年前に亡くなった夫の武夫さん。職場で出会い結婚し、活動の最大の理解者だったという。44歳から30年ほど、京都の池坊学院に通っていた頃は新幹線ホームまで迎えにきてくれたり、華展の力仕事を手伝ってくれたりと、陰日向になって支えてくれた。

 ○…1981年に現在の瀬谷区文化協会に入会し、2016年に副会長就任。華道部としては美化運動の一環で約40年間、三ツ境駅に作品を展示している。コロナ禍を「寂しい時代になった」と憂う一方で、花を通じた貢献を模索する。「お花を観たり、もらったりして、悲しみ、怒ったりする人はいないと思うんです」--。一輪挿しでも生活に彩りが添えられると信じて、これからも歩んでいく。

瀬谷区版の人物風土記最新6

岩城 孝子さん

2020年度横浜市男女共同参画貢献表彰で功労大賞に選ばれた

岩城 孝子さん

宅建協会横浜西部支部長 75歳

2月18日号

櫻庭 あかねさん

瀬谷第二小学校とSDGsでコラボする「たまごCaféごはん」のオーナー

櫻庭 あかねさん

宮沢在住 48歳

2月11日号

岡田 隆雄さん

今年度40周年を迎えた横浜市シルバー人材センターの理事長を務める

岡田 隆雄さん

金沢区在住 62歳

2月4日号

平本 雅典さん

フードドライブに取り組んだ相沢地区青少年指導員協議会の会長

平本 雅典さん コミュニティ

相沢在住 62歳

1月28日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月21日号

馬場 勝己さん

瀬谷さくら小学校の「学援隊」の隊長を務める

馬場 勝己さん コミュニティ

泉区在住 78歳

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク