瀬谷区版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

瀬谷消防署 「住警器の点検・交換を」 義務化10年で呼びかけ

社会

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena
傘を用いて点検ボタンを押す方法も
傘を用いて点検ボタンを押す方法も

 既存住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられてから、今年6月で10年となる。警報器の電池や機器の寿命が約10年とされていることから、瀬谷消防署では正常に動作するかの点検や交換を呼びかけている。

 煙や熱を探知して火災発生を知らせる警報器。消防庁ホームページによると、2019年の住宅火災の死者899人(全国/放火自殺者など除く)の半数は逃げ遅れが原因で亡くなっており、早期発見につながる警報器は有効な対策の一つだ。瀬谷区内でも今年に入り、屋外の雑物が燃えて発生した煙が換気扇を通じて家に入り作動、被害拡大を防いだケースがあった。

 新築住宅は06年6月から、既存住宅は11年6月から設置が義務付けられている。既存住宅の場合は義務化直前に駆け込みで設けたり、自治会町内会などで共同購入したケースもあり、10年以上経っていないか注意が必要だという。瀬谷消防署が4月12日に区内31世帯で行った調査によれば、条例通り、または一部設置していた25世帯のうち13世帯で10年以上が経過していた。

「命を守るもの」

 同署では年2回の定期点検を推奨している。点検方法は表面のボタンを押して音を確認するタイプが多く、ひもを引っ張るものもある。警報器は高い位置にあるため、転倒や怪我が心配な高齢者などは長い棒や傘で押す方法がお勧めだという。「点検時の音が近所に火事と勘違いされそうで不安」という声もあるが、室内を閉め切った状態にすれば、音漏れを抑えられる。職員は「(警報器は)いざというときに命を守るもの。『つけて安心』ではなく、しっかりと点検・交換して下さい」と注意を促す。

貸与事業も

 同署では瀬谷火災予防協会の協力を得て昨年11月から、警報器の貸与事業を行っている。対象は、自ら警報器を準備できない一人暮らしの高齢者。貸与期間(1年間)の経過後は、申し込み者の所有となる。

 また、高齢者や障がい者への取り付け支援など詳細は同署【電話】045・362・0119。

火災の早期発見につながる住宅用火災警報器
火災の早期発見につながる住宅用火災警報器

瀬谷区版のローカルニュース最新6

横浜市民大会で団体優勝

瀬谷区剣道連盟

横浜市民大会で団体優勝 スポーツ

マスターズの部

7月22日号

「疲れによる事故に注意」

「疲れによる事故に注意」 社会

三ツ境駅で交通安全啓発

7月22日号

瀬谷の小麦が缶ビールに

岩崎農園

瀬谷の小麦が缶ビールに 社会

横浜ウィートが発売

7月22日号

木の枝で鳥笛を作ろう

木の枝で鳥笛を作ろう 社会

8月に瀬谷図書館で

7月22日号

2021 横浜市長選

2021 横浜市長選 政治

情報は7月16日時点

7月22日号

認知症ラインアプリ完成

認知症ラインアプリ完成 社会

市とNPO、ドコモが連携

7月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter