瀬谷区版 掲載号:2021年7月22日号 エリアトップへ

認知症ラインアプリ完成 市とNPO、ドコモが連携

社会

掲載号:2021年7月22日号

  • LINE
  • hatena
発表された「まちかどケア」ライン公式アカウント。認知症に理解を深めることができる
発表された「まちかどケア」ライン公式アカウント。認知症に理解を深めることができる

 横浜市から認知症サポーター養成講座などを委託されている認定NPO法人市民セクターよこはまは、NTTドコモと連携し認知症に理解を深めるLINE(ライン)アプリを完成させ、7月1日に発表した。また、認知症に関する最新情報を掲載するサイトと、認知症の人との接し方を漫画でわかりやすくまとめたリーフレットも同時に発表した。

 今回リリースされた「まちかどケア」ライン公式アカウントは、質問形式で認知症に理解を深めることができるなどの市民向けの機能と、ボランティアである認知症サポーター向けの機能を持つ。漫画版の啓発リーフレットは今後、市内のコンビニや商店街の店舗等への周知を予定する。

 市民セクターよこはまとドコモが連携をスタートしたのは2018年。ドコモはデジタル技術を活用した社会課題解決のフィールドを模索。そのなかで、認知症サポーターを養成する「キャラバン・メイト」事業を市から委託されている市民セクターよこはまに、ドコモから連携の働きかけがあったという。ドコモの技術と市民セクターよこはまの認知症に対するノウハウが結合し、成果物として今回のアプリなどが完成した。

 市民セクターよこはまの吉原明香事務局長は「認知症は当事者性の高い症状です。より身近なところで理解を深めていければ」と新しいアプリの役割に期待する。

瀬谷区版のローカルニュース最新6

川沿い歩き、心身爽快に

【Web限定記事】区スポーツ推進委協

川沿い歩き、心身爽快に スポーツ

11月にふるさとウォーク

10月21日号

ボラセンを改修

【Web限定記事】プレイバック瀬谷39

ボラセンを改修 社会

02年7月を振り返る

10月21日号

29日まで会場募集

【Web限定記事】瀬谷オープンガーデン

29日まで会場募集 社会

個人宅の庭や花壇など

10月21日号

31日にハロウィンまつり

【Web限定記事】ログハウスまるたのしろ

31日にハロウィンまつり 社会

ファッションショーも

10月21日号

海老名市内を巡る

海老名市内を巡る スポーツ

瀬谷水緑の健康ウオーク

10月21日号

絵本で子どもと遊んで

絵本で子どもと遊んで 教育

父親向けの育児支援講座

10月21日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月21日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook